無料ブログはココログ

« ジョージ・クルーニーの初仕事はパーソナル無線機のCM | トップページ | EK0W/P CFM »

2015年9月23日 (水)

E6GG/12m、OJ0DX/17m

■E6GG

今日は休みだが、朝から所用で出かけるので、朝食前の5:45~6:15と、出かける直前の6:50~7:00にワッチ。

狙いは12mのE6GG。

RBNではレポートが上がっているものの、私のところではまったく聞こえない。しかしダイヤルを回していると、6:50過ぎに24.894付近で「up1」の部分だけ聞こえたような気がした。この辺にいるのでは?としばらくワッチをするが、待っていてもCQは聞こえない。

今日はダメかも、と思いながらその周波数でワッチしていたところ、6:59になってCQが!

コールは確かにE6GGで、早速up1でコールするとすぐに応答が返ってきました。Niueの12mはバンドニュー。本当に出発直前ギリギリでした。

■OJ0DX

夕方クラスタを見ると17mでOJ0DXが出ている。その周波数に行ってみると559くらいで入感している。OJ0の17mは持っていないので、パイルに参戦。

オペレータが拾う周波数を追いかけていると、up方向へ次第にずれていくようだ。しかしup3くらいになったところで、今度は下へ下がってきているのが分かった。だいたい100-200Hzずつずらしているようなので、先回りして呼んだら応答がありました。先回り作戦がうまく行ったのは初めてかも。

« ジョージ・クルーニーの初仕事はパーソナル無線機のCM | トップページ | EK0W/P CFM »

DX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジョージ・クルーニーの初仕事はパーソナル無線機のCM | トップページ | EK0W/P CFM »