無料ブログはココログ

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月22日 (木)

V73D/160m

V73Dのぺディションですが、先日なんとか30mが出来て(RTTY)、V7はHFではあと160mを残すのみとなっていました。

クラスターではしばらく160mのスポットを見かけませんでしたが、今日は1814で上がっています。ためしに聞いてみたところ、ATTを入れてRFゲインも思い切り絞り込んでやると「up3」と打っているのが聞こえます。

それでは、、、とスプリットをup3にあわせて呼ぶと、一発でコールバックがありました。

現地はノイズレベルが高くて160/80mは苦労していると聞いていましたが、改善されたんでしょうか。

最近のE6とかT2の160mを取りこぼしていたので、うれしいバンドニューです。

2015年10月21日 (水)

長野県下高井郡山ノ内町 横手山山頂

長野県山ノ内町で「湯けむりナイトフォトツアー」というツアーがあり、参加してきました。

「山ノ内町」という名前はなじみが無いかもしれませんが、「志賀高原」や「地獄谷温泉」、「湯田中温泉」のある町です。

このツアーは町の若者が企画した地域おこし的なもので、日帰り客の多くなってしまったこの地域にぜひ「泊まっていって」もらおう、という主旨のようです。

内容は、志賀高原にある「横手山」に夜間に登り、そこで、協賛カメラメーカー提供のカメラで、夜景や星の写真を撮っていってもらうというものです。麓に帰り着くのは当然遅くなるので、ついでに一泊していってください、というわけ。

10/17土曜の18時半頃、麓の道の駅に集合し、そこからバスで山に上りましたが、参加者は長野や隣県の新潟の人が多かったようで、当初の狙い通りだったかどうかは分かりません。(私も一泊しないで帰る組)

麓からうねうね道をバスで上ること一時間、さらに渋峠からは一般車は通行できない山道を横手山ヒュッテのマイクロバスに乗り換えて上り、20時頃、横手山山頂に到着しました。

幸運なことに天気もよく、見事な星空でした。

Mlky

天の川。

M31

アンドロメダ大星雲(M31)。

Ykymc

NTT横手無線中継所(今は使われていないらしい)。

Yokote

リフト乗り場の展望台。

曇った場合に備えてV/Uのハンディ機を持って行きましたが、幸か不幸か、出番はありませんでした。

2015年10月20日 (火)

VEバッジ到着

Vecert

本日、ARRLよりVEのバッジが届きました。

ARRLのサイトのセッションカウントのページには少し前から登録されていたので、無事受理されたのだろうな、とは思っていましたが、やはりバッジが届かないことには心配でした。

これでVE試験に試験官として参加できる資格を得たわけですが、あとは、どのグループで参加させてもらうか...ということになります。5年間セッションに参加しないと登録が抹消されてしまいますし、どうしようかなあ。

2015年10月12日 (月)

TX3X/40m

10月11日は朝から家内と東京(六本木で美術館、銀座で買い物)に出かけていて、家に帰ってきたのが19時過ぎ。

一日慣れない人ごみの中を歩いていたら結構くたびれて(東京は本当に人が多いですね)、何もしないで寝ようかと思ったのだが、「TX3Xは実質今日までかもしれない」と思い、寝る前にちょっとだけ運用。

TX3Xはちょうど40mCWに出ていて、幸いNAやEU指定もしていないのでパイルに参戦。

このときは主にEUを拾っていましたが、なかなかピックアップ周波数がわからなくて、WebSDRなど見ても空き周波数はあまり無い感じ。

こりゃだめかも、と思いかけていたら、WebSDRの画面のTX3Xの送信周波数に強い妨害が。

案の定、急にEUからのパイルが減ってしまいました。

こうなると空き周波数を探すのは簡単で、素直にup2で呼んでいたらリターンが返りました。

滑り込みで40mがなんとかなりました。

TX3Xは80/40/17/15/12/10の6バンドでQSOできました。30mも欲しかったけど、まずまずの結果です。

2015年10月10日 (土)

TX3X/80m

やっとTX3Xの80mが出来ました。

10/10に日付が変わる頃、ピックアップ周波数が150Hzずつ上がっていくのに気づいて先回りしたらドンピシャでリターンがありました。

その一方で、TX3Xの40mはさっぱりダメです。

連日SSBに出てきていますが、NA/EU指定が長いし、たまにJAが呼べるようになっても、こちらの信号が届いていないのか、空振りCQになっても拾われません。CWに出てこないかなあ・・・。

2015年10月 4日 (日)

TX3X chesterfield 途中経過

TX3X(Chesterfield I.)の運用が始まりましたが、私はTX3Aのときに20,17mで交信していますので、それ以外のバンドに注力です。とりあえず途中経過。

■12m

11時過ぎ、RBNで24890のレポートが上がったのに気づいて、クラスタに載る前にQSOしなくては、と慌ててQSY。up1/up2で呼んでダメだったのでup3で呼んでみたところ、わずか3コール目でリターンあり。幸先良くスタートできました。

■10m

正午前後は10mが強力でした。しかし呼ぶ人も多くて受信のみ。

■30m

夕方~夜中にかけては30mがよく聞こえます。しかしどこを拾っているの分からない。しかし、単に呼び負けている=自分と同じ周波数で誰かが交信してゆく、ことも多いので、お客さんが減ればなんとかなりそう。

T2GC 160m は空振り。ZL2IFB/80mWKD

T2GCの160mは「現地の日の出を狙うほうがよい」という話を複数の方から聞いたので、10/3(土)は27時=10/4の2時~3時にワッチしてみましたが、なんとこの日、この時間帯の160mの運用は無し(クラスタにもRBNにもレポートなし)。

眠気をこらえてがんばったのに空振りでした。

しかし同じ時間に80mの運用は行われていて、こちらのほうはベランダの短縮バーチカルでよく聞こえていました。先日交信できたとき(22時台)よりずっとよく聞こえました。

T2GCの160mは出来ませんでしたが、同じ時間帯に夜が明けるZLと80mでQSOできました。なんとZLの80mはバンドニュー。599BKスタイルの交信ではなく、名前も交換するラバースタンプでした。80mの海外DXでラバースタンプなんて初めてです。

ところで、T2GCの160mを待っているとき、S79SPの40mCがRBNにレポートされ、まだCQの段階で呼ぶことが出来たのですが、こちらの信号はまったく届いていないみたいで、こちらのほうはQSOならず。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »