無料ブログはココログ

« 80m逆Lの実験 | トップページ | モービル常設環境構築 »

2015年12月13日 (日)

80m用 バーチカル(15m長)

先週、80m用の逆Lを試してあまりうまく行かなかったので、今週再実験。

20151214

■今回試したアンテナの概要は以下の通り。

・釣竿:13.5m。ワールドワイドの10m釣竿と4.5m硬調竿を、リピートタイで束ねてつなげた。

・エレメント:15mのワイヤを螺旋巻き。逆Lにすると斜めに引きおろすワイヤの扱いが面倒なので、今回は単純なバーチカルとした。

・同調:FC40、手持ちの手巻きコイル(1.8/3.8用)

・アース:リヤハッチのボルトからアース用編線をボディに静電結合。アンテナのアースは、その編線に25cmほどのワイヤで接続(ワニ口使用)。

■結果

・1.8/1.9同調不可。

・3.5 FC40、手巻きコイル(タップ位置は3.8M用)のどちらでも同調可。

・7/10/14/21 なぜかFC40で同調が取れない。

・24/28 FC40で同調可。

■試し打ち

・日没前後の3.5MでDXを狙ってみたのだが、あいにく今日は入感なし。JA各局も日没を狙って盛んにCQを出していたけど、交信しているところは聞かなかった。

撤収直前にダメもとでCQ DXを出してみたら、なんとJH9DRLさんから呼んでいただきました。CWでつながったあとSSBにQSYし、Phoneでお話させていただきました。

この時間帯、フォーンの周波数帯は混雑していてQRMが厳しかったですが、お相手いただきましてありがとうございました(>DRLさん)。

« 80m逆Lの実験 | トップページ | モービル常設環境構築 »

アンテナ」カテゴリの記事

コメント

ELGさん、こちらこそ、さきほどはありがとうございました。

長野だと80mとか40mとかでの情報交換はありかもしれませんね。バーチカルだと近めの国内は弱くなりますけどね。

同調不可のバンドがあるのは何か原因(ATU?)がありそうですね。
当局のアパマン11m長さバーチカルはSG-230で1.8MHzも同調できてますし。

今日の夕方の80mDXはダメでしたね。またの実験を。

追伸

ちなみに参考ですが当局の移動でのアースは、下敷き大のマグネットシートの表面にアルミ箔(魚焼き器用)を両面テープで貼り付けたものを3枚使っています。

リピートタイって使ってなかったです。今度から使います。
情報ありがとうございます。

今日はQSOありがとうございました。
そちらとは隣県ですから、夕方~夜間に80mで交信するにはちょうどよいかもしれませんね。昼間なら40mでしょうか。

80mのSSBのフォーンバンドは空いているところを見つけられなくて済みませんでした。拡張された周波数帯だと空いていたのかもしれませんが、SWRが心配だったので、昔ながらの周波数帯にさせていただきました。

FC40はATUとしてはイマイチな気がします。リグがFT-857なので買いましたが、サードパーティの製品のほうがチューニングできる範囲は広そうです。

アースは、今回初めて車体に直付けしてみたのですが、やはりリヤハッチだけだと心配なので、ボディとも静電結合するようにしてみました。マグネットシートにアルミ箔を貼るのは扱いやすそうですね。

リピートタイは結構使える道具です。使い捨てではありませんし、ゴミも出ませんのでお勧めです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 80m逆Lの実験 | トップページ | モービル常設環境構築 »