無料ブログはココログ

« 80m用 バーチカル(15m長) | トップページ | 2016年 最初のATNOだけど・・・ »

2015年12月23日 (水)

モービル常設環境構築

私は時折移動運用でDXをするわけですが、それほど頻繁ではありませんし、運転しながらのモービル運用もしませんので、無線機は「移動用セット」の入ったバッグに入れて、自室にしまってあります。

そのため、移動運用をするときは、アンテナを立てるだけでなく、その都度無線機のセットや、アンテナとの同軸ケーブル接続、アース周りの配線をするわけです。

しかし最近こういった一連の作業が面倒になり、無線機は車内に放置しておくことが多くなってきました。

そうなると、「じゃあ車内のアンテナ・アース系配線を常設にしてしまおうか」という気になりました(電源は以前からバッテリ直結の配線が車内に出ている)。

■常設アンテナ基台

 私のクルマ(プリメーラワゴン エアロ)は5ドアハッチバックですが、ハッチバックにはエアロパーツ(スポイラー)が付いており、ハッチバック用の基台を取り付ける場所がありませんでした。ハッチバック基台ならハッチバックの取り付けネジから最短距離でアースが取れてよいのですけど、それが出来ません。結局、ルーフレール基台のなるべく高さの低い(=マグネットシートを使った場合でもアースが最短距離で取れる)ものを購入しました。

 同軸ケーブルのほうはハッチバックの防水ゴムの付近をうまく通してやることで、難なく車内に引き回すことが出来ました。

■常設アース

 当初、ルーフレールの取リ付けねじから取れないかと思い、クルマをディーラーに持ち込み、カバーをはずしてもらいネジを露出させてみました。しかし私のクルマは取り付けネジが丸い頭のプラスネジになっており、しかも古い車なので固着して緩めることが出来ません。圧着端子で取り付けネジに共締めしようと思っていましたが、それが出来ませんでした。

 残された方法は、「ハッチバックの取り付けネジに圧着端子を共締め」しかありません。

しかし、ルーフレール基台とハッチバックの取り付けネジの間は最短50cmも離れています。

平編アース線で50cmものがありましたので、それでつないでみましたが、屋根上を這う部分が長すぎる印象です。このアースを常設するのはちょっと厳しそうです。常設アースは断念することにしました。

■アースの比較

常設アースはあきらめましたが、「マグネットシート」と「ハッチバックの取り付けネジ直結」のどちらがよいかは試してみないと分かりません。今までマグネットシートのアースを使ってきましたが、配線が長いとはいえハッチバック直結もメリットがありそうです。

そこで、基台にdiamondのマルチバンドホイップ「RHM10」を取り付け、同調の程度を調べてみました。

結果から言うと、「ハッチバックの取り付けネジ直結」のほうがきれいにSWRが落ちました。7でも28でもSWR2以下に持ち込めました。しかしマグネットシート(自作のA3版銅シート)は7、14でSWR2程度までしか落としこめませんした(他のバンドは不明)。

今日は夕方になってしまいここまでしか調べられませんでしたが、もう少し実験してみる必要はありそうです。

« 80m用 バーチカル(15m長) | トップページ | 2016年 最初のATNOだけど・・・ »

移動運用」カテゴリの記事

コメント

大変ご無沙汰しておりました。
車輌のアース問題ですが、自分もバックドア取り付けボルトに平編み線を接続して運用していました。
これで殆どの場合はVSWRも素直に落ちてくれました。
160mのホイップ!?を試していた時期に市販のアースシートを追加しましたが160mには殆ど影響がみられませんでしたが、7・10MHZのモービルホイップANTでは動作が安定した様に感じます。
(VSWRは元々最良点まで落ちていました)
垂直系のANTではアースを色々と試していると思わぬ発見(出来事)があり楽しいです。(「迷宮入り」と言う話もあります hi )

BMFさん、お久しぶりです。
blogの更新は無いものの、CQ誌のshort break欄では毎月コールサインを拝見しておりましたので、運用はされているのだな、と思っておりました。

車体アースに関する情報ありがとうございます。
ハッチバック/バックドアですと車体本体との間はちょうつがいを介する形になるのでローバンドではうまくいかないのでは?と思っていましたが、あまり心配はなさそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 80m用 バーチカル(15m長) | トップページ | 2016年 最初のATNOだけど・・・ »