無料ブログはココログ

« K5P on 40m | トップページ | アーネスト・シャクルトン »

2016年1月25日 (月)

VP8STIもまもなく終了

1/18頃より始まったVP8STI(South Sandwich Is.)の運用もまもなく終わるようです。

今回、わずかながらドネーションしたこともあり、事前にVOACAPなどで予想をして、どの時間帯、どのバンドで聞こえそうかを調べていました。

それによると、こんな感じ。

Vp8sti_voacap_2

私はぺディション期間中は平日の夜しか運用の時間が取れない見込みだったので、このチャートを見ながら、「22J~24Jの17mしかチャンスが無いかな」と思っていました。もっとも、「そんな時間に17mが開けるのか?」というのは疑問でしたけれども。

ところが実際に運用が始まってみますと、VP8STI~JA間の実績としてはこんな感じになりました。

Vp8sti_geoprop_clog
これを見ると、17mの実績は日本時間の朝8時頃に集中しています。

またそれよりも多くの実績が30m,40mで立っており、それが日本時間の夕方の時間帯に集まっています。

実績のほうは、伝播状態だけでなく、「その時間に実際に運用があるか」「運用があったとしてもJAが呼べる状態か(エリア指定外になっていないか)」といった人的要素が入ってくるので、必ずしも予想通りにはならないのかもしれません。

この実績を見ると、平日に私が自宅にいられる時間とほとんど合致していません。そういう意味で、これはかなり無理めのぺディションだったように思います。

そして、私が平日に運用可能な設備(=バーチカル)を考えると、もしその時間帯にリグの前にいたとしても、ほとんど聞こえなかったのではないか、と思います。

「DX world」によると、VP8STIは、現地のかなり厳しい吹雪に見舞われた模様。この後South Georgiaにいけるかどうか微妙な感じです。

VP8STIの陰で、1/23の朝と夜にK5Pの15Sと80Cを積み増し。これで30mと80mができたので御の字です。

« K5P on 40m | トップページ | アーネスト・シャクルトン »

DX」カテゴリの記事

コメント

終わってしまいましたね。
こういう一部の人にしか狙いようもないペディションがいちばん嫌です。

どうやらVP8STIはQRTしたようですね。
島から脱出できない可能性が出てきたのでは仕方ないかと思っています。

今回、私は一度も信号を聞けなかったので、運用が良かったとかマズかったとか、論評すら出来ません、hi。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« K5P on 40m | トップページ | アーネスト・シャクルトン »