無料ブログはココログ

« 5V7TH 30m HRD/JD1BOW 160m WKD | トップページ | 3XY1T 20m SSB WKD »

2016年2月28日 (日)

移動用CG3000購入、3XY1T HRD

2007年の年の瀬にヤエスのATU「FC40」を購入して、たまに使ってきました。

しかし購入当初からこのATUの扱いには苦労しました。壊れているわけではないのですが、チューニングの幅が狭いと言うか、同じワイヤーを使って1.9~28のマルチバンドに出ることが事実上出来ないのです。3バンドくらいチューニングが取れればよいほうで、ひどいときは1バンドしかチューニングが取れません。

そんな状況だから、買ってはみたものの、あまり使う場面はありませんでした。

その状況を打開すべく、先日思い切って、自宅アパマン環境で使って実績のある「CG3000」をもう一台購入しました。

今日は午後から近所の河川敷で、移動運用環境でのCG3000のテスト。

本当を言えば、今日は3XY1Tの迎撃移動をしたかったのですが、当地は午前中からかなり強い風が吹いていて、とても移動用の八木を上げることはできないと思われました。それでCG3000のテストを優先し、もしテスト運用の中で3XY1Tが聞こえたら、参戦することにしました。

ということで、今日のセッティング状況(写真下)。

Cg3k

CG3000はキャリアの上に立てて置き、アースはMAT50。CG3000の電源はeneloopが入るように作ったバッテリボックスからの供給。

バッテリボックスの中身はこんな感じ。黒いeneloop(2500mAh)を12本使って、電圧の実測はおよそ15V。

Batt2_2

CG3000の最大電流は0.8A(@13.8V)なので、クルマのシガーソケットから取っても良かったのですが、そうするとクルマの電源をONにしておかねばならず、その状態では、ETC車載器とか、ドライブレコーダの電源も入ってしまって余計な電気を食ってしまうので、断念しました。

さて、チューニングの状況ですが、10mのワイヤを釣竿に巻きつけて、根元をCG3000につないだところ、1.8と24でSWRが高かったのですが、それ以外は1.5以下に収まりました。

アースをMAT50から、MAT50+自作のA3版のマグネットシートにしたら、1.8も24もSWR1.5程度まで落とせました。チューニング時間も短く、今までFC40で苦労していたのがウソのようです。CG3000は中国製ですが、なかなか優秀です。

その後、試し打ちとして、4W/PE7T(14C)、A35T(21C)の2局とQSO。

■3XY1T

16時半頃から、まず10MHzでその後14,18とスポットが上がりました。

このアンテナでは10MHzがかすかに、14MHzCWがまずまずの強さで入感しました。18Cはまったく聞こえません。

14は釣竿にしてはよく入感していましたので、そのままパイルに参戦しましたが、ピックアップ周波数をなかなか追うことが出来ず、今日は出来ませんでした。

来週1日代休で平日休みがありますので、天気がよければ、その日は八木で狙ってみたいと思います。

« 5V7TH 30m HRD/JD1BOW 160m WKD | トップページ | 3XY1T 20m SSB WKD »

アンテナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5V7TH 30m HRD/JD1BOW 160m WKD | トップページ | 3XY1T 20m SSB WKD »