無料ブログはココログ

« VP8SGI 30m HRD | トップページ | 7P8C 20m CW »

2016年2月 8日 (月)

VP8SGIも終了

South Georgia Is.からのVP8SGIの運用も、嵐のため、少し早めに終わりました。

今回もボウズで終わりました。

やはり、弱小局にもチャンスのある時間帯が、日本時間の16時台前後(30/40m)、9時台前後(17m)に限られると言うのが一番厳しい条件でした。

VP8SGIの運用期間中、上記時間帯にリグの前にいられたのは、1/31(日)と2/6(土)だけ。

唯一時間に余裕のあった2/6は30m一本に絞り、、14時半頃~19時半にかけてリグの前に張り付いてワッチしていましたが、17時前にかろうじて呼べる程度の強さで聞こえたぐらい。あとはもしリターンがあっても自信の持てない強さでした。(自宅の30m用1本ラジアルGPでの受信状況)

「アパマンでも出来た」「モビホでもSメーターが振った」という方もいたようなのですが、私に所ではそうはならず、局地的な入感で終わってしまった感じです。

十分に聞こえなかったこともあって、EU/NA指定の壁に阻まれるよりはあきらめも付きましたが、極地方の伝播の難しさ、厳しさを実感し、この先のDXCCの進捗が思いやられる感じがしました。

« VP8SGI 30m HRD | トップページ | 7P8C 20m CW »

DX」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした。
いつでも聞いていられる人や時間に余裕のある人は何とかなったかも知れませんが、多忙なサラリーマンにはタイミング的にチャンスすらなかった悲しいぺディションでした。
10MHzの伝搬は地域的に、強い人には強く、弱い人には聞こえない、福引のような釈然としないもので、上記のダブルパンチに撃沈です。

LSFさん、いやいや本当にお疲れ様でした。
今回の10MHzも、同じ3エリアでも地域差があったようで、良く分かりませんでしたね。

私も仕事に余裕があれば一日くらい休みを取ったかもしれないのですが、今回はVP8のぺディションとぴったり重なる形で仕事が立て込んでしまい、身動きが取れませんでした。リタイヤするまではままなりませんね。まあ、われわれ世代は呑気なリタイヤ生活が送れるかどうかもわからないのですが(ため息)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« VP8SGI 30m HRD | トップページ | 7P8C 20m CW »