無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月26日 (土)

ぜんぜん

ぜんぜん聞こえません。VK0EK。

日本時間の24日朝から始まったと思われる運用ですが、我が家のベランダバーチカルではまだ信号を確認できません。DXAを見ているとJA局も表示されますので、聞こえている方には聞こえていると思うのですが、期待している30mや17mもまったくの不感。

Heard島の近隣の島---2年前のFT5ZM(Amsterdam & St.Paul Is)や、32年前のFB8WJ(Crozet I.)、31年前のFT8XB(Kerguelen Is.)---、はみなGP系のアンテナで交信しているので、伝播的には問題ないと思っているのですが、少し心配になってきました。

閑話休題。

VK0EKのサイトに、4SQの写真が載っていました。

4sq

これが「御柱」のように見えてなりません。

(いま、当地では、諏訪大社の御柱祭の時期なのです)

2016年3月21日 (月)

さっぱり

3月19日の土曜日は16時過ぎから移動運用。

狙いは3C7Aなので、八木を上げたいところですが、風が強くて(気象台の観測では5m前後の風)とても上げられません。春先は風が強くて参ります。

ということで、10m釣竿に移動用のATUをつなげてワッチ。

3C7Aは20mでかすかに聞こえていますが、パイルが厚く、これはお呼びでない感じ。

5J0Pは30mでそこそこの強さで聞こえていて、しかも空振りCQなんですが、さっぱり拾われません。5J0Pは自宅アパマン環境でも何度か呼んでますが成果なし。耳が悪いのでしょうか。

18時台にHeard島に向かうBraveheart号からの運用であるZL/ZS0HI/MMが21.004でCQを出しているのを発見。ところが、呼んでも呼んでも、どうして?と思うくらい空振りCQが続きます。これは先が思いやられる感じ。

そのあと21.011でパイルが起きているので、何だろうと調べると、21.010にPW0FNがいました。しかしわずかに聞き取れる程度の信号で、たぶん拾われないだろうと思い、19時ころ、この日の運用を終了。

今度のATU(CG3000)は確実にSWRを1.5以下にしてくれるので、非常に優秀なんですが、実は車体に取った静電容量アースがいい加減でもチューンしてくれているのでは?飛びがいまひとつなのはそんなこともあるかもしれないと思いました。

<この日の成果>

VE7ACN/7 10.118 WKD (IOTA NA-051) ・・・ 実はVEの30mはバンドニュー。

JG8NQJ/JD1 21.045 WKD(南鳥島)・・・カンノさんとは多バンドでQSO頂いているが、15mはCFM済みだった。

2016年3月19日 (土)

VK9CK 30mCW WKD

3/2の運用以来ぱっとしなかったのだが、久しぶりにログが進みました。

cocos-keelingのローバンドが無いのでVK9CKをしばらく追いかけていましたが、ようやく初日。

3/19の01JST頃、EUのパイルの中、隙間を見つけて呼んだらリターンあり。近場なのに随分てこずりました。

2016年3月12日 (土)

D×10^23 ?

「VK0EK」Heard島DXぺディションですが、既にBraveheart号はケープタウンの港を出港したようです。

さて、このVK0EKのサイトのタイトルが先日から気になっています。

Photo

「Dx10^23」?

10の23乗といえば、アボガドロ数(6.02×10^23)が思い出されますが、それが、このサイトにおいて何を意味しているのか不明です。

2016年3月 2日 (水)

3XY1T 20m SSB WKD

I2YSBグループによるギニアからの運用ですが、やっと初日が出ました。

20160302

今日は先月の休日出勤の代休。久しぶりの平日休みなので、ぺディションの迎撃移動をしない手はありません。

3XY1Tは、だいたい日本時間の16時台に一旦QRXし(食事?)、17時少し前から運用再開するパターンでしたので、今日は16時半頃近所の河川敷に3エレを設営。案の定17時少し前から14.305でSSBの運用が始まりました。アンテナをLP方向に向けたらしっかり聞こえます。最初EUをさばいてましたが、すぐに「standby EU、CQ JA」を宣言。さっそく指定どおりのUP5で呼んだら、2コール目くらいで、「G」が引っかかりました。パイルがなければこんなにあっさり交信できるのか。

その後はせっかくなので、20mSSBのLPでしばらく遊びました。

 CN8YZ・・・コンテスト局じゃないモロッコ地元局は初めてかも。

 F5PAU・・・「CQ Pacific LP」で強力に入感。何でも8エレだそうで納得。

たまにはこういうDXCCに絡まない普通のQSOも楽しまないと、心がすさみます。

ところで、今日3エレ(20mバンド設定)を設営したとき、バンドのローエッジのSWRが2.5程度と随分大きくなっていました(ハイエッジは1.5程度)。地上高を低くするとSWR最低点が周波数の低いほうにずれる傾向があるので、マストを一段縮めて6.5m高にしましたが、SWRには変化がありません。

今日はたまたま14.305というSWRの低いところを使えましたが、CW(ローエッジ)だと結構厳しい。原因がよく分からないのでちょっと心配。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »