無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月25日 (土)

モービル環境構築

今日のコンディションは「SFI=76 SSN=0 A=12 K=1」で、またもや黒点ゼロ。

こんな状況ですので運用はせずに、長いことためらってきた「モービル環境構築」をやってみました。

なぜ長いことためらっていたかと言うと、

 ・車の中は出来るだけ片付いた状態にしておきたい。

 ・車にキズはつけたくない。

という思いが強かったからです。

しかし、無線をはじめて34年、クルマに乗り始めて21年になるというのに、一度もモービル環境を持たないのはいかがなものか。その潔癖症?のせいで、何か楽しみを犠牲にしていないか、という風にも思い始め、工夫をしながらやってみることにしました。

■操作パネルホルダー

私の車載機はFT-857ですので、操作パネルが外れます。これをエアコンやカーステレオと同じならびに設置するためのホルダーを作りました。

Img_0689

厚さ10mmの板に、L字金具を使って、セパレーションキット(YSK-857)の部品のひとつであるプラスティック製ブラケットを取り付けました。そうすると写真のように、操作パネルが固定できます。

さて、ダッシュボード側はこんな風になっています。

Image1

KENWOODのカーステレオの下には空のDIN-BOXが取り付けてあります。このDIN-BOXの中にドライブレコーダ(左)と、ETC車載機を取り付けてありますが、これら二つの装置の下に厚さ10mmほどの隙間があるのです。この隙間に先ほどの板を差し込むと・・・

Img_0685

こんな風に操作パネルが固定できました。

これで車に傷をつけずに、めでたくモービル環境が出来た!と言いたいところなのですが、無線機本体を固定する場所が見つかりません。今はこんな状態です。

Img_0686

VUならともかく、HFのモービルホイップは交換するたびにSWRを確かめたいので、SWRメーターもクルマに常設したいもの。また、電源はバッテリ直結ですので、何かの拍子で無線機の電源が入って、バッテリ上がりを起こしても困ります。ということで、本体の設置方法は今後の課題です。なにかうまい方法はありませんかね。。。

2016年6月 7日 (火)

XR0YS 20m WKD

SSN=0が続いていると言うのに、昨日今日とXR0YSが20mで良好に入感。

昨日(6/6)の夜は信号も強かったがその分パイルも大きくて、まったく歯が立たなかった。

しかし今日(6/7)は、14.021MHzのオンフレで、しかも空振りCQが出ている。

呼んでみたら二人目くらいに拾われました。昨日のパイルはなんだったんだ。

イースター島はバンドニュー。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »