無料ブログはココログ

« C81AK on 20mSSB WKD | トップページ | 30m RDP »

2016年9月23日 (金)

富山県南砺市(旧上平村 五箇山) JCC2810

今年のシルバーウィークは雨続きでまったく晴れ間がありませんが、台風一過を期待して、台風の行きすぎたタイミングを狙って、金沢、富山方面に行ってきました。

9月21日(水)は、まず北陸道の黒部ICへ向かい、黒部の「きときと寿司」へ。回転寿司のチェーン店なのですが、富山出身の知り合い一押しの回転寿司です。地物の甘エビなどは、甘エビってこんなに甘かったっけ?というお味で大満足。

そのあと再び北陸道で金沢に向かいます。

金沢は手前の「金沢森本IC」で降り、そのまま接続する「山側環状」道路で、市内の泉野方面へ向かいます。この「山側環状」、なかなかすごい道で、金沢市内にいくつかある山地や台地(卯辰山、小立野台地、寺町台地/野田山)をトンネルで貫通し、一気に野々市市方面へ抜けるというもの。しかも地上部の幹線道路とも接続するようになっており、近未来感がハンパありません。

泉野で用事を足したあとは、市内のホテルで一泊。

翌日(9/22・秋分の日)は、市内に住む無線にカムバックしたいと言う友人に会い、お古の10m釣竿を譲渡。

その後、再び北陸道に乗り、五箇山に向かいます。

小矢部砺波JCTで北陸東海道に入り、連続する長いトンネルをくぐり抜けると突然山奥に抜け出ます。そこが五箇山IC。

ICからすぐの「菅沼集落」の駐車場にクルマを停め、そこからエレベータで集落へ降ります。するとこんな風景が。

Img_0887s

Img_6713s

Img_6724s_2

あいにくの小雨でしたが、かえって山里の雰囲気を感じられたような気がします。

合掌造りの集落というと岐阜の白川郷のほうが規模も大きくて有名なのですが、あちらは有名な分、観光客も多くて、私は静かな五箇山のほうが好きです。

帰り道は、再び北陸道に戻って、上越経由で長野へ戻りました。

五箇山から高山方面に向かい、安房トンネルを通って松本へ抜ける方法もあるのですが、天気も悪く、山道となるので、今回は無難なルートで戻りました。

« C81AK on 20mSSB WKD | トップページ | 30m RDP »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« C81AK on 20mSSB WKD | トップページ | 30m RDP »