無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月27日 (日)

WWDX(CW) 2016 初日

コンテスト初日は、そろそろこのあたりでも始まった「イルミネーション」を見に行きたいと言うXのリクエストで、夕方から国営アルプスあずみの公園へ。

まだ夏タイヤなので路面凍結が心配でしたが(新しいスタッドレスが届くのは来週末)、比較的暖かい夜で、無事に途中の峠越えが出来ました。やれやれ。

帰宅後、22時~24時の間、アパマン環境からローバンドに出てみました。

アンテナは先日から試している20m長折り返しバーチカル。

80mのほうは、zone19,18,17,16と出来ました。EUのUA4M(zone16)が出来たので、まずまず。

さらにXX9TXNも、空いていたのかコール一発で出来ました。バンドニュー。

160mのほうは、JA局は聞こえるものの、あとはBY、HL、UA0しか聞こえず。XX9も蚊の鳴くような気配しか分かりません。

日付を越えるあたりから小雨が降りだしたので、アンテナ撤収。

2016年11月26日 (土)

WWDX(CW) 2016 コンテスト前

Img_1016s

今年のWWDX(CW)は、晴れそうなのが初日のみ。二日目は雨の予報です。初日はなかなか交信できないことが多いので本意ではないのですが、初日のコンテスト開始前の運用を狙って移動運用。

6時前に家を出たものの、設営に少し手間取って(最初SWRが落ちなかった)、運用開始は7時前。バンドは、最近の太陽活動を踏まえれば、朝のカリブはもう20m以外にありえません。

クラスターに頼らずとも、J70BHとかHI3CC、ZF2MJなどを発見するも、誰かがすぐにクラスターに挙げてしまうので、あっという間にパイルが大きくなってしまいます。しかも、これらの局も、コンテスト前の運用なので、じっくりサービスすることはなく、ちょっと運用しては消え、ちょっと運用しては消え、と言う状態なので、まったくありつけません。

クラスターに頼ってPZ5Vなども見つけましたが(PZは未交信)、QSOにはたどり着けず。

コンテスト開始直前にZF2MJと出来た程度で終わりました。

2016年11月23日 (水)

11月23日

今年の11月23日は雪になりそうな気配。

雪の11月23日と言えば、1978年の11月23日に行われたAMラジオの周波数変更に向けたNHKのキャンペーンCM「1123新ダイヤル」は、僕の中では何故か雪の記憶と共にある。窓の外に降る雪を眺めながら、テレビでしつこいくらいに流れていた「1123新ダイヤル」のCMを見ているという記憶。

地元新潟の過去の気象データを調べると、その年の11月の気温はそれ程低くないので、勝手な思い込みかもしれない。

youtubeにNHKのものではないけれど、その年の幾つかの民放の周波数変更の告知CMが上がっていた。ここに挙げたTBSはこのとき950KHzから現行の954KHzになった。相当な大キャンペーンを張っていたのがわかる。周波数変更を記念して池田満寿夫デザインの新ベリカード発行、なんていうレア情報も放送されていて面白い。

2016年11月20日 (日)

ZL2IO、LA1MFA、VK3MI on 80m (折り返しバーチカル)

30mDXCCも目途が付いてきたので、そろそろ80mのDXCCに着手したい。

そこでこの週末は、以前試した折り返しバーチカル でしばらく運用してみた。

とはいえ、ただの折り返しではエレメントが空間に広がる感じにならないので、少しでも逆Lっぽくなるように、エレメントの先端を給電部からなるべく遠ざけてみた。遠ざけるために、5mの釣竿の先にエレメントの先端をくくりつけ、それをベランダからするすると伸ばして、建物からなるべく離してみた。

■11/19(土)

上記のアンテナで17時半頃からワッチしてみたら、いきなりZL2IOのCQが聞こえる。クラスターにも載っておらず、呼んでみたらあっさりワンコールでリターンがあった。ZLの80mは持っているけど、幸先がよい。

同じ時間帯、LA1MFAが出ていたようだが、私のところでは聞こえず。しかし22時台になったら私のところでも聞こえ始め、これも空いているタイミングで呼んだら、拾ってもらえました。

■11/20(日)

21時過ぎにワッチしていたらVK3MIのCQを発見。さっそく呼んだら、QRZ?が返りました。自コールを3回くらい繰り返したら、交信成立。その後この局は何度かCQを出していましたが、誰にも呼ばれず、そのまま消えました。

RBNを見てみたら、たしかにVKやZLでこの局のスポットが上がっていましたが、JAではスポットなし。私のところではしっかり聞こえていたのですが、こういうこともあるんですね。

2016年11月 3日 (木)

ZL7G 20,30,40m

Chatham I.は過去に12,15,17mでQSOしているのみ。ここはローバンドがほしいところ。

clublogで交信実績を見ていると、JAと数多くQSOできているのは18JST前後。この時間帯はまだ通勤電車の中なので、休日しかチャンスはなさそう。

ということで、今日11/3は16時過ぎからZL7G狙いのワッチをはじめました。

まず20mSSBでカスカスながら聞こえていたので、さっそくコール。呼ぶ人も少なかったので程なくリターンが返りました。

その後すぐ30mCWに行ってみると、こちらのほうはEU指定。これはだめか・・・と思われましたが、ちょうどZL7がグレーラインに差し掛かっているときで、しばらく待っていたらJAを拾い始めたのでパイルに参戦。

OPが誰なのかわかりませんが、比較的一点取りをする傾向にあるので、前の局が呼んだ付近で呼び続けていたら、パイルが小さくなってup1を中心に取り始めた頃にリターンが返りました。

その後はすぐに40mCWにQSY。こちらはRBNにもレポートが上がり始めたばかりで、信号は若干弱いものの、まだパイルは大きくなっていません。up1で呼んでいたら、QSYして6分後、意外に早くリターンが返りました。

20m、30m、40mと3つやるのに所要50分。とりあえずは目的達成です。

18時半過ぎからは80mに参戦しましたが、こちらではあまり信号は強くならず、QSBの山でかろうじてやり取りが聞こえる程度。さすがに厳しくて交信には至らず。しばらくお預けです。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »