無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年7月

2017年7月30日 (日)

サテライトは瞬間芸(サテライト初QSO)

やっと衛星経由によるQSOができました。

使った衛星はFO-29(ふじ3号)。

当地では8:29JSTから始まる「AOS162度⇒MEL74度⇒LOS349度」という北上する東パス。MEL時の仰角は84.1度で、ほぼ頭上まで上がってきます。

アップリンクはマスプロの5ele八木に20W、ダウンリンクは自作の6ele八木です。

これまでのトライアルの中で、「初心者は呼びに回るより、CQ出して呼ばれたほうが楽」ということを知ったので、今回はループテストが出来たらすぐにCQを出す作戦で臨みました。

■ループテスト

145.995で連続短点を打つと、435.012あたりで同じような短点が聞こえたので、ループはOK。

■CQ1回目

思い切って、送信周波数をバンド内の中央、145.95に設定。

その周波数でのループテストもうまく出来たので「CQ JR0ELG K」だけの簡単なCQを出しますが、CQを出している間にドップラーでどんどん音が低くなっていってしまいます。

誰か呼んでくれたみたいなのですが、聞いたモールス符号を、メモ帳にメモしている間にも周波数が変化してしまい、すぐに聞こえなくなってしまいます。これは厳しい!

何度かCQを出していると懲りずにまだ呼んでくれるので、応答するのですが、なにぶんこちらは慌てていて、相手のコールがなかなか正しく打てません。そうこうしているうちに呼ばれなくなってしまいました。

■CQ2回目

いつの間にか、MELの時刻を過ぎています。今回もノーQSOか?

アンテナを向けなおし、気も取り直してもう一度CQ。

応答がありましたが、先ほど呼んでくれた局とコールが似ています。さっきの局なのか?新しい局なのか?

しかしメモしている時間がないことは分かったので、とにかく聞いたリズムをそのまま打って599BKを送りました。すると相手からも599TUが返って来ました。なんだかQSOできたみたい。でも相手のコールがその前の局と似ていたので、相手のコールを打ち間違えたかもしれません。最悪NILになるかも・・・。

衛星が沈んだあと、QRZ.comで、599TUを返していただいたと思われる方を調べて、メールしてみたところ、「交信できてましたよ」という、うれしい返事を頂きました。

ということで、先月来断続的にチャレンジしていた衛星経由によるQSOが出来ました。

それにしても、サテライトは瞬間芸というか、メモなどせずに頭の中で覚えて素早くQSOしないといけないと言うことを、思い知りました。

2017年7月23日 (日)

7月22日 9Q6BB 18MHzCW HRD

6月の中旬以降、DXから遠ざかっています。

7月に異動があり、6月はそれに向けて、やりかけの仕事をある程度の形になるまで急いで進めていました。単純にその状態でそのまま引き継げば良い、とならないのがつらいところです。

7月になればなったで、新しい職場での新しい仕事が待っており、まだ不慣れなので、家に帰ってきても、なかなか無線機に向かう気になれませんでした。

新しい職場までは歩いて30分ほど。6年続いた長距離通勤から解放されたものの、電車の中で過ごす時間が会社にも家にも束縛されない「息抜き」になっていたことにも気づき、会社と家がほぼ直結しているような現在の状態は、思っていたほど気楽ではありませんでした。

9Q6BBは週末になるとオンエアしてくるのは知っていましたが、今後3年間は現地に居ると言うし、身の回りも落ち着かなかったので、ずっとスルーしていました。

それでもそろそろ気になって、スポットが上がったのを契機にちょっとワッチしてみました。

22日(土)の21時半くらいに聞いたときはまだ微かな信号で判別も難しかったのですが、時間が遅くなると信号も強くなり、22時台は釣竿バーチカルでも十分な強さになりました。

ラバースタンプよりも長めのQSOをしているのでなかなかコールできないのと、コールしてもすぐに応答してくれないので、なかなかチャンスが回ってきません。誰も呼んでいないような状況で呼んでも応答がもらえず、またCQに。耳が悪いのか現地のノイズレベルが高いのか、それほど大きなパイルではないのに難しそうです。

秋になって、移動用の八木を使って夕方の明るい時間に狙える季節になるまで、しばらくお預けかもしれません。

2017年7月16日 (日)

長野県上高井郡高山村 JCG09002 毛無峠(1823m) 

Img_8516s

近年話題の「グンマー」で一躍有名になった毛無峠(長野県/群馬県境 標高1823m)に行ってきました。

長野市近郊の高山村から「万座道路」と呼ばれている県道(実態は林道)に入り、うねうねした山道を走ると、こんな標識に出会います。

Img_8515s

この標識を右折した先にある、行き止まりの場所が毛無峠です。「小串」と書いてあるかつての鉱山跡には、一般人は立ち入り出来ません。

毛無峠の周辺は車を何台か停められるだけのかなり広いスペースがあり、そこから周辺の山(毛無山、御飯岳、破風岳、土鍋山)に登ることができるようです。

Img_8522s

ここはラジコン飛行機(特に上昇気流の必要なグライダー)を飛ばすのに絶好の場所であるようで、この日もラジコンを楽しむ人でにぎわっていました。主に関東方面から来る方が多いようです。

Img_1391s

確かラジコンの周波数は27MHz帯だったな・・・と思い、10mFMはあきらめ、彼らとは少し離れた場所で50/144/430MHzをワッチしたり、時折CQを出したりしました。結局、2mSSBで埼玉の局と、6mSSBで鹿児島の局とQSOできたのみ。6mはEsですから、あんまり山の上でやった意味がなかったな。

帰りは、来た道を戻るのが怖かったので(路面がね・・・)、万座へ抜けて、万座プリンスホテルでランチ&温泉(それにしても天下のプリンスホテルも施設の老朽化は否めない)。その後草津へ降りて、西の河原の露天風呂に浸かり、あとは国道144号経由で戻ってきました。

2017年7月 2日 (日)

6m and down

久々に6m and Downコンテストに参加。

地方のVUは、おなじみローカルさん同士やモービル同士のQSOしか聞こえないので、こういうコンテストに出ないと、HFみたいな楽しみ方が出来ません。

参加と言っても、いろいろと所用もあって忙しいので、日曜の10時~12時程度の冷やかし参戦です。

アンテナはベランダに設置した第一電波のディスコーンアンテナ(D220)で、430は先日衛星用に作った6エレ八木があるので、それも併用しました。

結果的にはこんな感じ(県名のみ)

144M 群馬、埼玉、茨城、岐阜、長野

430M 群馬、埼玉、茨城、長野

群馬は隣県で、我が家から県境の山が見通せるので、山に登った局と交信できるのは当然です。

埼玉も隣県ですが、見通せない割に聞こえました。固定局の信号も聞こえていましたから、山を越えてきているはずです。面白かったのは大宮周辺の局の信号が南東ではなく、西から聞こえてきていたこと(430MHz)。上越国境の山岳反射なのでしょうか。

茨城は隣県でもないので予想外です。これもどこかに伝播ルートがあるのでしょうか。

岐阜は高山の局のようです(144MHz)。これも山越えで届いていました。

我が家から後立山連峰が見えるので、9エリアも期待しましたが、聞こえませんでした。

ということで、144あたりでちゃんとしたアンテナを使うと結構飛ぶのかもしれません。

そんな期待を感じたコンテストでした。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年9月 »