無料ブログはココログ

« 7月22日 9Q6BB 18MHzCW HRD | トップページ

2017年7月30日 (日)

サテライトは瞬間芸(サテライト初QSO)

やっと衛星経由によるQSOができました。

使った衛星はFO-29(ふじ3号)。

当地では8:29JSTから始まる「AOS162度⇒MEL74度⇒LOS349度」という北上する東パス。MEL時の仰角は84.1度で、ほぼ頭上まで上がってきます。

アップリンクはマスプロの5ele八木に20W、ダウンリンクは自作の6ele八木です。

これまでのトライアルの中で、「初心者は呼びに回るより、CQ出して呼ばれたほうが楽」ということを知ったので、今回はループテストが出来たらすぐにCQを出す作戦で臨みました。

■ループテスト

145.995で連続短点を打つと、435.012あたりで同じような短点が聞こえたので、ループはOK。

■CQ1回目

思い切って、送信周波数をバンド内の中央、145.95に設定。

その周波数でのループテストもうまく出来たので「CQ JR0ELG K」だけの簡単なCQを出しますが、CQを出している間にドップラーでどんどん音が低くなっていってしまいます。

誰か呼んでくれたみたいなのですが、聞いたモールス符号を、メモ帳にメモしている間にも周波数が変化してしまい、すぐに聞こえなくなってしまいます。これは厳しい!

何度かCQを出していると懲りずにまだ呼んでくれるので、応答するのですが、なにぶんこちらは慌てていて、相手のコールがなかなか正しく打てません。そうこうしているうちに呼ばれなくなってしまいました。

■CQ2回目

いつの間にか、MELの時刻を過ぎています。今回もノーQSOか?

アンテナを向けなおし、気も取り直してもう一度CQ。

応答がありましたが、先ほど呼んでくれた局とコールが似ています。さっきの局なのか?新しい局なのか?

しかしメモしている時間がないことは分かったので、とにかく聞いたリズムをそのまま打って599BKを送りました。すると相手からも599TUが返って来ました。なんだかQSOできたみたい。でも相手のコールがその前の局と似ていたので、相手のコールを打ち間違えたかもしれません。最悪NILになるかも・・・。

衛星が沈んだあと、QRZ.comで、599TUを返していただいたと思われる方を調べて、メールしてみたところ、「交信できてましたよ」という、うれしい返事を頂きました。

ということで、先月来断続的にチャレンジしていた衛星経由によるQSOが出来ました。

それにしても、サテライトは瞬間芸というか、メモなどせずに頭の中で覚えて素早くQSOしないといけないと言うことを、思い知りました。

« 7月22日 9Q6BB 18MHzCW HRD | トップページ

衛星通信」カテゴリの記事

コメント

サテライト初交信 おめでとうございます!
色々なバンドやモードでの初交信と言うのは
何年無線をやっていても嬉しいものですね。
最近 CWの受信能力衰退が激しい拙者には難しいかな?
一度に2~3の工程(CW解読 ドップラー修正 コールサイン筆記若しくはPC-LOGIng)を
毎日行っていれば 認知症予防には最適か?
(拙者向けでもあります! hi )
FB DXを!

BMFさん

ありがとうございます。
コールサインはメモする暇がありませんね。聞いたらすぐ反応しないといけない感じです。SSBのほうが楽かもしれません。
その代わりアンテナの向きはそれほど気にしなくてよいようです。
認知症予防(自分も含めて)に効きそうなのは・・・、送信周波数と受信周波数の関係を把握することですかね。これはややこしいのでお勧め?です!

1台のTRXでドプラーを修正しながらANTの向きを と言うのは
私には絶対無理がありますね。
送信機と受信機と2台用意して送信周波数を変更させるのが
一番楽かな?と。
TS-711とTS-811を用意しようかな!
FB DXを!

私もTXとRXは別々に用意しているのですが、送信固定にするか、受信固定にするかは悩ましいところです。今回は送信固定でしたが、まだどちらがいいのか分かりません。もう少しがんばってみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 7月22日 9Q6BB 18MHzCW HRD | トップページ