無料ブログはココログ

« ノイズで運用できず | トップページ | 5T5OK 聞こえず »

2017年9月17日 (日)

コミュニケーションの原初的な喜び

昨日9/16のローカル新聞にこんな記事が載っていた。

入笠山の山頂と麓 富士見小3年生が手鏡で交信」(信濃毎日新聞)

入笠山(1955m)の山頂と、山頂の見える麓の間で、鏡による合図を送ったという内容。

この遊びは私も高校時代(正確に言うと浪人時代)にやってみたことがある。

私の通った高校は私の家のすぐ近くにあった。私の勉強部屋からはグランドが見えて、その奥に建つ校舎の屋上もよく見えた。

ある平日、高校の屋上を見ると数人の人影が見える。双眼鏡で覗くと無線部の後輩たちが作業をしているところだった。こちらに気づかせたいと思うが、大声で叫んでも届く距離ではない。そこで手鏡を使って彼らの方向に光を反射させてみた。すると何かキラキラするものに気づいたのか、こちらを見た。そして光の出所が私の家からだと分かったようで(彼らは私の家を知っていた)、手を振ってくれた。これはちょっとうれしい体験だった。

恐らく、コミュニケーションというものの「原初的な喜び」は、こういう所にあるのではないかと思う。

日ごろ無線をしていて、珍しい局との間で絶妙の呼吸で交信を成立させたときなど、そういう喜びを感じる。また、言葉の通じない外国で、相手の親切に助けられながら何かを伝えて反応を返してもらえた時とか共感を得られた時も、この種の喜びを感じる。ペットとの間で何か気持ちが伝わったと感じるときも、そうかもしれない。

今回この実験に参加した子供たちが、そういう記憶を大切に育てていってくれるとうれしい。

« ノイズで運用できず | トップページ | 5T5OK 聞こえず »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ノイズで運用できず | トップページ | 5T5OK 聞こえず »