無料ブログはココログ

« 18m釣竿:落下防止バンドの改良 | トップページ | 今朝の80m (5X2B, ZC4A HRD) »

2018年1月21日 (日)

ベランダ設置18m釣竿

前回の記事で、18m釣竿を移動先で展開する場合の話を書いたのですが、あれからふと思い立って、18m釣竿を自宅アパマン環境(ベランダ)に設置してみました。

なぜならば、移動運用で18m釣竿を使ってもこちらの信号が飛んでいかない、ということを経験しているからです。相手の信号は聞こえるのに50W送信では届かない。では100W送信にしてみよう・・・ということです。

ただし、18mを伸ばしきるとご近所さんの目が気になります。そこで、伸ばす長さを15mとし、かつ、使用するのは暗い時間帯のみ、ということにしました。

前回の記事を書いた1/7の夜から使い始めましたが、成果は以下の通り。

 160m :RA0FF、RA4LW

 80m  :UX1AA、US7IM、DL5AXX

(40mから上の周波数は割愛)

80mでは、今までの10m釣竿では聞こえても飛ばなかったウクライナが出来て、さらにDLも出来ました。移動運用先で18m伸ばしきったときと比べると耳が良くない感じがしますが、この冬は、この自宅環境と、移動運用環境を使い分けながら運用してみたいと思います。

« 18m釣竿:落下防止バンドの改良 | トップページ | 今朝の80m (5X2B, ZC4A HRD) »

アンテナ」カテゴリの記事

コメント

ローバンドではパワーの差を痛感しています。
と言っても、そもそも拙者の場合、MOBILEホイップや
如何様MVアンテナですから 他の方と比較するのは間違っているのですがhi
コンディションが低下している現在では 特にその違いを痛感しています。
FB DXを!

電波は飛ぶのに耳が悪いのはちょっと恥ずかしいですが、耳は良いのに電波が飛ばないのはちょっと悔しいですよね。
そもそも移動する局の出力制限がなければよいのですが。。。
ブーベがんばりましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 18m釣竿:落下防止バンドの改良 | トップページ | 今朝の80m (5X2B, ZC4A HRD) »