無料ブログはココログ

« TJ2TT 20C WKD | トップページ | 80mのFT8 デコードできるようになった »

2018年3月31日 (土)

FT8で北米東海岸

今朝はゆっくり7時半頃起床。

特に狙っているDXもなかったけど、ベランダのアンテナを伸ばしてワッチしてみると、20mのFT8で東海岸の局が見えている。東海岸なんて久しく交信していないので、WSJT_1.9.0-rc3の習熟をかねて呼んでみる。

■パイルになっている局の呼び方

WSJTでは今まで、CQを出した局を見つけてから、その局をダブルクリックして呼んでいたのだが、最近のFT8の局数の増加で、その局が呼ばれて続けているときは(パイルになっているときは)、CQを出さずにそのまま次の局と交信していくことが多くなってきた。そういう場合、どのタイミングでダブルクリックをすれば良いのか確かめてみた。

これはそれほど難しくはなくて、パイルになっている局が「73」を送信したのが画面に出た直後に、ダブルクリックすればよいようである。

■再送の仕方

さて、今日つまづいたのがこれ。

K2EQ局を呼び、首尾よく拾ってもらえたのでレポートの交換をし、最後にこちらが「73」を送ったところ、それが相手に届かなかったようである。なぜなら、K2EQ局が再度「RRR」を送ってきたからである。

それをみて再度「73」を送ろうとしたが、その送り方がわからない。WSJTのソフトのほうは、もう交信が完了したと認識しているので、当然「73」の自動再送なんてしてくれないのだ。

もたついていたらそのうち相手が「73」を送ってきてくれたので、交信としては一応成立したと思うのだけど、こういう細かい操作はもう少し調べないといけなさそうである。

« TJ2TT 20C WKD | トップページ | 80mのFT8 デコードできるようになった »

FT8」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TJ2TT 20C WKD | トップページ | 80mのFT8 デコードできるようになった »