無料ブログはココログ

« FT8で北米東海岸 | トップページ | 3B7A HRD (10C,12C,17S) »

2018年4月 8日 (日)

80mのFT8 デコードできるようになった

昨年12月28日のブログで、3.572にダイヤルを合わせるとFT8のデコードが出来ないことを書いたのですが、先日、なぜか分かりませんが、デコードできるようになりました。

Wsjtmain

デコードできるようになったと理由として考えられるのは、ウォーターフォール画面の上に出る受信周波数を示す緑の「U」型のマークを、ウォーターフォール画面上の何か受信している場所(3.573MHzより上の周波数)に持っていったこと。この操作をしたら、まずその周波数の信号がデコードできて、そのあと、3.572~3.575の間の信号を複数デコードするようになりました。

今は、WSJTを起動すれば80mでもどのバンドでも、おおむね3KHzの範囲の信号をちゃんとデコードしてくれます。何が悪かったのか良く分かりません。

ともあれ、80mでFT8が使えるようになったので、しばらく運用してみたところ、WでもVKでもあっさりQSOできてしまいました。もう少し早い時期に80mでFT8が使えていたら、この冬のローバンドが楽しめたと思うのですが。。。

« FT8で北米東海岸 | トップページ | 3B7A HRD (10C,12C,17S) »

FT8」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FT8で北米東海岸 | トップページ | 3B7A HRD (10C,12C,17S) »