無料ブログはココログ

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月14日 (土)

3B7A 17C、12C WKD

3B7A(St.Brandon)の初日が出ました。

今日は朝から風が強く、夜からは雨の予報。明日日曜日も雨の予報。

そんな天候なのでベランダの10m釣竿すら満足に伸ばせない状況でしたが、風の弱い時間帯を見つけては断続的に運用し、なんとか2バンドでQSO。

最初に出来たのは17Cで、ちょうど夕飯の支度の合間。次にできたのは12Cで、夕飯の後片付けの合間のQSO。どちらも599で釣竿でも非常に強かった。

DXの信号の強くなるタイミングというのは朝でも夕でも食事の時間帯に当たることが多いのですが、皆さんどうしていらっしゃるのでしょう。今日はXの体調があまりよくなかったので、私が飯炊きをしていましたが、たとえXが食事の準備をしていたとしても、その脇で黙々とDXを呼ぶというのは、それなりにXの視線が気になるものです。

今日は、天気も悪いし、食事の準備もしなければならない、という悪条件?のもとで、とりあえず2QSOできたので、良しとします。

そのほか、15Rは十分な強さで聞こえていましたが、ピックアップされず、10S、15Sは蚊の鳴くような音しか聞こえず、20Sは聞こえましたが、強風で釣竿が落下(いわゆる「スットン」と落ちてしまう事象)してしまい、雨も降り始めたので断念。

なんだかいまひとつすっきりしない今回のペディションでした。

2018年4月10日 (火)

3B7A HRD (10C,12C,17S)

St.Brandonからの3B7Aの運用が始まりました。

昨年の転勤以来、定時に上がれば17時半には家に着くという、近年にない好条件を活用して、今日は17時40分頃から自宅釣竿アンテナでワッチを開始。この時間帯、都市部のサラリーマンの皆さんは勤務中か帰宅途中のはずだから、弱小局にもチャンスがあるのでは・・・という淡い期待を抱いていましたが、あえなく玉砕。

まず最初(18時過ぎか)にそこそこの強さで聞こえてきたのが、12mのCW。しかしなぜかQSOのレートが上がりません。JAのパイルもたいしたことなさそうなのですが、EUからも激しく呼ばれているのでしょうか。

そのあと、聞き取れる程度に聞こえてきたのが17mのSSB。おおむねup5か10の一点取り。こちらもたいしてパイルになっていないのに、なかなかリターンが返りません。

12mと17mを巡回している間、たまに10mを覗くと、かなり弱いですが、28023で信号が聞こえます。ただこの時期の10m、しかもか細い信号とあっては、ちょっと無理な感じ。

ペディションは4/17までですから、まだ少し時間があります。お客さんが減るまで待っていたほうがよさそうです。

ただ、St.Brandonは2007年の3B7Cを持っていますので(20Cと30C)、それほど気合を入れなくても良いか・・・。

2018年4月 8日 (日)

80mのFT8 デコードできるようになった

昨年12月28日のブログで、3.572にダイヤルを合わせるとFT8のデコードが出来ないことを書いたのですが、先日、なぜか分かりませんが、デコードできるようになりました。

Wsjtmain

デコードできるようになったと理由として考えられるのは、ウォーターフォール画面の上に出る受信周波数を示す緑の「U」型のマークを、ウォーターフォール画面上の何か受信している場所(3.573MHzより上の周波数)に持っていったこと。この操作をしたら、まずその周波数の信号がデコードできて、そのあと、3.572~3.575の間の信号を複数デコードするようになりました。

今は、WSJTを起動すれば80mでもどのバンドでも、おおむね3KHzの範囲の信号をちゃんとデコードしてくれます。何が悪かったのか良く分かりません。

ともあれ、80mでFT8が使えるようになったので、しばらく運用してみたところ、WでもVKでもあっさりQSOできてしまいました。もう少し早い時期に80mでFT8が使えていたら、この冬のローバンドが楽しめたと思うのですが。。。

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »