無料ブログはココログ

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月30日 (土)

Baker I. KH1/KH7Z 40S、17C、15C、20C、20FT8

6月29日(金)の夜、KH1/KH7Zの40Sが聞き取れる程度の信号で入感。QSX7160でほぼ一点取りだったので、何度か呼んでいたら意外にあっさりコールバックが返ってきた。KH1はATNO。

翌6月30日(土)。

午前中は髪を切りに行き、お昼過ぎからは掃除。掃除が終わった15時くらいから運用開始。

15m/17m/20mで信号は聞こえたがいずれも弱い。

それでも16時を過ぎると17Cが強くなってきて、まず17Cが出来た。

出来たのはWebSDRを見ながらパイルの山の少し上の周波数で呼んだとき。ちょうどこのときパイルの山の中に隙間がなかった。パイルの中からコールが拾えなかったからか、ちょっと間を置いてから自分にコールバックがあった。

そのあとすぐに15Cができ、18時前後になってからは20Cと20FT8が出来た。

FT8はWSJT-XのPeditionモードによる初QSOだった。設定が間違っていなかったみたいで一安心。

2018年6月24日 (日)

ロケハン再び

当地長野に引っ越してきてはや7年、また職場も当地になってまもなく1年。

ようやく、どこかにちゃんとした居を構えてもよいか・・・という状況になりました。

荷物が増えて部屋も手狭になって来ましたし、我が家のベランダは家内が育てているバラなどの鉢植えと、私の釣竿アンテナがせめぎあう状況。DXCCもここ数年は伸び悩み、そろそろタワーとビームアンテナが欲しくなって来ました。

というわけで、今月から週末は土地探しをしています。

このあたりは車で走るといくらでも土地があるように見えるのですが、実際に不動産屋を回ってみると、売りに出ている物件はそれほど多くありません。また物件を紹介してもらって実際に土地を見に行っても、住居のほかにタワーを建てることを考えると、いろんな不安が頭をよぎります。

住宅地の場合はもちろん、郊外にある古い集落のはずれや別荘地のようなところでも、、隣家からタワーがどのように見られるのか、威圧感を与えないか、気になります。

周りに与える印象のほかにも、実質的な問題として、隣家の領空を侵犯しないような位置にタワーを建てるにはどうしたらよいか、自分の住居から見た場合にタワーが目障りにならないか、の心配もあります。

その他、意外にたくさんある太陽光発電装置、平面図からは分からない高低差も意識しないといけません。

そんなわけで、目下のところ、適当な物件は見つかっていません。やはり何かを妥協せねばならないのか・・・と頭を悩ましています。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »