無料ブログはココログ

« 2018年7月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月23日 (日)

JCC#0905飯田市 下栗、しらびそ高原

Img_9624s

気分を変えるため、ちょっと遠出して来ました。

中央道飯田ICで下りて、国道153号線を経由して天竜川を渡り、矢筈トンネルを抜けて、旧上村に入ります。上村小学校の裏手の道から再び山を上り、東側の斜面に抜けると下栗地区に出ます。

ここは「日本のチロル」という触れ込みで、最近良く紹介されるようになりました。

集落自体は相当古くからあるので、もっと昔から知られていても良いような気がするのですが、メディアで見かけるようになったのはここ最近です。

矢筈トンネルの開通でアクセスが楽になったことや、上のような写真を撮れる「ビュースポット」が2009年頃に整備されたといった事情もあるもかもしれません。

下栗からは、しらびそ高原に続く道があります。

当初の目論見として、しらびそ高原に抜けた後、蛇洞林道を経由して大鹿村へ抜けるルートを考えたのですが、路面崩落の影響で、大鹿へは抜けられないとのこと。それならば、蛇洞林道を下って矢筈トンネルに抜ければ良いや、と思って先にすすみました。

Img_2203s

しらびそへ抜ける途中、「御池山クレーター」の中を通りました。ここは2-3万年前に直径45mほどの小惑星が衝突(落下)した跡、だとのこと。

Img_2206s

クレーター跡を過ぎてしばらく走ると、しらびそ高原(標高1918m)です。

Img_2205s

ここで、ちょっとだけ運用。2mSSBで岐阜県内(関ヶ原町、瑞浪市)に移動中の方と交信できました。

さて、このあと林道を下って矢筈トンネルへ抜けようと思ったら、なんと、この高原から先の道が通行止めでした。しかたないので、来た道を戻り、下栗を経て、再び上村へ。

そこから少しだけ足を伸ばして遠山の道の駅へ行き、小休憩。

16:40頃、遠山の道の駅を出発、ここから先も来た道を戻るコースで、途中SAで夕飯を食べるなどして、20時20分ころ、自宅着。

2018年9月21日 (金)

2018年8月~9月

約2ヶ月ぶりの更新です。

8月、9月は仕事の関係で多忙な上に、合間を縫って土地探しなどしていたため、この期間の運用はありませんでした。今日になってやっと、たまっていたビューローカードの整理などし、明日島根に向けて発送する予定。

それにしても土地探しは難航しています。

電波の飛びは意識していますが、それ以前に、「ここに住みたい」と思えるような物件がありません。

街を歩いていると「何でこんな場所に建てたのか?」と思うようなお宅が結構あります。交通量の多い大通りの交差点近くや、川の土手の真下、急傾斜地などなど。

私ならこんなところに家は建てないよ、と思っていましたが、考えを改めました。誰もが良いと認めるような条件の良い土地はなかなか出ないのです。みんな何かしらの妥協をせざるをえない。地盤の弱い場所に家を建てて土砂崩れに遭った方がいたとしても、そのような方を自己責任だなどと責めることは出来ません。

その点、マンションというのはなかなか良い選択だとも思うようになりました。マンションが建つような場所は大体立地条件が良いのです。そういう立地を、多数の世帯で共有できる仕組みとして優れています。

しかし、庭やらタワーを求める人には選べない選択肢です。

ということで、何はともあれまず「自分の住む場所」としての条件を優先させるので、電波の飛びに関しては妥協も必要かもしれません。引き続き悩みは続きます。

« 2018年7月 | トップページ | 2018年10月 »