無料ブログはココログ

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月14日 (日)

一技受験

先日、第一級陸上無線技術士試験を受けてきました。

今の職場的には一陸特(第一級陸上特殊無線技士)があれば十分なのですが、すでに二級の陸上無線技術士と、(一技受験時の科目免除の対象となる)電気通信主任技術者を取得しており、あともう少し勉強すれば一級が取れそうなので、やってみる気になりました。

■受験のいきさつ

実をいうと、もっと直接のきっかけは今年の一月にさかのぼります。

今年の一月に義弟の結婚式があり、そこで、新婦のご両親と一緒のテーブルになりました。そこで私の勤め先の話になり、新婦の父君から「それなら一技、一総通もお持ちなんでしょう」と言われてしまったことです。お父さんも通信系のお仕事をされていた方だったのです。

「いやいや、一総通なんてとてもとても。技術士だって二級ですから…」と答えざるを得なかったことが自分的には面白くなく、今回の受験に至った次第。本当につまらない見栄なのです。

■試験準備

その「見栄」を忘れずに5月に受験申請、過去問問題集も購入したものの、6月は全く無線とは関係のない社内資格の試験や当地で行われた国際イベント関係の仕事もあり、ほとんど勉強できないまま7月に突入。過去問問題集を開いたのは試験の1週間ほど前で、無線工学Bの一問目がマックスウェルの方程式だったのに恐れをなして、「ここは法規の科目合格に絞ろう」と方針変更。約1週間かけて法規の過去問5年分を全部やって初日の試験(法規)に臨みました。

■法規

初日の法規は、仕事でさんざん電波法と関連法令を読んでいたおかげで、過去問をやっただけでなんとか合格ラインに達した感触を得ました。試験開始後45分で退場できますが、私も45分でマークを完了、退場し、翌日の無線工学Bに備えました。

■無線工学B

さて問題は無線工学Bです。

パラパラと過去問を眺めると一問目にマックスウェル方程式が出るのはお約束のよう。しかしよく読むと、rotとかdivの計算ができなくてもせいぜい時間の偏微分=1変数の微分ができれば解ける問題と踏みました。なんだか今まで見た目に騙されていたのかもしれません。あっけなく解けてしまったので、2問目以降の問題にチャレンジ。翌日の午前中にかけて、H26年1月期の試験問題だけを解き、わからないところは解説を読んで計算しなおしてみたくらいにして、二日目の試験に突入。

実際の試験では、公式を覚えておかないと解けない問題、公式が与えられているので考え方さえフォローできれば解ける問題、アマチュア無線家なら常識で解ける問題などがあり、まったくわからない問題は「ここは絶対同じ形の式になるだろう」とか「ここが1以下になることはあり得ない」などのわずかな手がかりから推量で解答し、とりあえずマークだけはしてきました。自己採点では微妙なライン。合格点60%というのは「勉強すれば容易に達成できるが、まぐれでは通常超えられない」ギリギリのラインなのだと思い知りました。

合否がわかるのは8月1日ということなので、それまでは別の仕事にエネルギーを集中させます。

 

 

2019年7月12日 (金)

E31A 17FのQSOがclublogに上がらない

今年5月から6月にかけてのE31Aの運用ですが、5/31の17mFT8でQSOしたはずのログがclublogでヒットしません。

JH1AJT Zorroさんにメール(clublogでQSL請求する際に表示されるアドレス宛)でログ確認依頼のメールを出したものの、2回出してもなしのつぶて。相手から返事がないとどうにも次のアクションが打てません。困った。これはSASEを出して請求してみるべきかな?

2019年7月 7日 (日)

同軸ケーブルの引き込み方法。地中?架空?

約一か月ぶりの更新です。

新築する住宅の設計も大詰めを迎えており、敷地内の「建物配置」もそろそろ決めなくてはなりません。

住宅と庭、駐車場スペースの配置がほぼ決まったので、残るはタワーの建て位置なのですが、

   (1)建物のすぐ近くに建てる

   (2)建物から少し離して建てる

の大きく2通りあるうち、我が家は(2)建物から少し離して建てる  で進めようと思っています。

住宅の外観をいくらかでも見た目よく保てるのと、エレベーターにしろクランクアップにしろ、アンテナの上げ下ろしがやりやすくなるからです。

 

ただその場合、問題となるのは「同軸ケーブルの住宅への引き込み方法」です。

Img_2238s

現状の案ではタワーと住宅の間は約6m離れています。その間に同軸ケーブルを引き回さないといけないのですが、建築家の方からは美観を損ねない「地中埋設」を勧められました。確かに電線のような架空(がくう)の配線は見た目もよくありません。でも作業性から考えると架空は何かと融通が利きそうです。 

皆さんどうしているのだろう…とネットを検索してみますが、その点についての記事がなかなか見つかりません。

現時点では、1Fのシャックの床に塩ビ管(100Φ)の立ち上がりを設け、住宅とタワーの間に塩ビ管を埋設し、タワーの基部で地面に立ち上げる方法を考えていますが、埋設した管の中に水や動物が入らないようにする方法や、ケーブルの新設・撤去をどのように行うか、という課題が残っています。またタワーの建て位置が決定していない状況で(まだタワー屋さんには見積もりを依頼しただけ)、タワー直下の塩ビ管の立ち上がり位置を決めるのも難しい。

ケーブルの新設方法については、「塩ビ管埋設時にロープを1本一緒に埋設してしまえ」という記事がありました。そうすれば竣工後、そのロープを使って新設ケーブルを引き込めるということのようです。でも2本目のケーブル引き込みはどうするのか?1本目のケーブルを通すときに別のロープも一緒に引き込んで、常に塩ビ管の中にロープが1本残るようにするのかな?

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »