無料ブログはココログ

« 地鎮祭、C21WW 80C WKD | トップページ | ZK3A 160m 80m WKD »

2019年9月28日 (土)

アンテナエレベータの制約事項

アンテナエレベータが意外と普及していない理由が分かった。

私の目下の悩みは「クランクアップタワー」にするか「アンテナエレベータ」にするかなのだが、ここへきて「アンテナエレベータ」には制約が多いことがわかってきた。

<アンテナエレベータの主な制約事項>

(1)タワーの頭頂部でないとアンテナを回転できない(これは知ってた)

(2)使うアンテナにかなり制約が出る

 

特に(2)が問題。

HF八木の奇数エレメントのものは、真ん中のエレメントがタワーに非常に近くなるので、エレベータで下まで下げることができないのだ。

偶数エレメントのものでも、エレメントの間隔がタワー基部の幅より小さいと、下まで下げられない。

そう考えると、スパイダービームやHexビーム系はことごとくダメと考えられる。お手軽な3エレトライバンダーもだめ。

そうすると、HB9CVの2エレ、4エレしか事実上使えないのではないだろうか?(あとはロータリーダイポール)

この辺の制約事項は考えてみれば当たり前なのだが、この点に触れたネット上の記事はあまりない。CQ誌でも見たことがない。

 

アンテナエレベータはアンテナの実験がしやすそうで魅力的だったのだが、これだけ使えるアンテナに制約があると、あきらめざるを得なくなる。。。

 

« 地鎮祭、C21WW 80C WKD | トップページ | ZK3A 160m 80m WKD »

アンテナ」カテゴリの記事

コメント

詳細までは記載されていませんでしたが 以前 JJ2CJB三木さんが
やはりエレベーターユニットを装着される時にブログに書かれておられました
多段にアンテナを積み上げる時 ビーム方向をずらして装着する事が有りますが
その作戦も不可となります
アンテナを吟味するのも楽しみかと?!
クランクアップタワーですと問題は解決するのですが 価格が一桁違いますからね~
FB DXを!

情報ありがとうございます。
CJBさんのブログ拝見させていただきましたが、やはり15cmの「オフセット」と、バランスをとるため片側にブームステーを取られてますね。

エレベーターの発売元である某C社にも聞いてみましたが、私が狙っていたC社製八木アンテナもエレベータ付きのタワーには乗らないことが判明しました。ますます混迷を極めております(涙)

タワー選定、一長一短あって決めずらいですね。
この迷いも楽しみかと思いますが。

ここのサイトは、もう見ていらっしゃいますよね。

http://www.jr6lvr.jp/antelv.html

DRLさん

はい、JR6LVRさんの記事は読みました。私が調べた限りではその方の記事が一番わかりやすくまとめられているように思います。本当はそういう大事な情報はC社自らが提供してほしいと思うのですが、C社の返事は予想以上にそっけないものでした…。

初めまして。
当局はKT20Rにエレベータ、ナガラのTD3040、クリエイトの214F、248Aを上げてます。
重機等は一切使わず、すべて一人で組み上げました。アンテナは敷地の関係で2階の屋根付近までしか下せませんので5エレの214FでもOKです。ローテータ交換、ワイヤー交換、アンテナ交換も一人で可能です。

JE6HGLさん

初めまして。コメントありがとうございます。
ホームページで素晴らしいアンテナシステムの写真を拝見させていただきました。
ナガラのRDPはトラック下部の取り付けのため、最も高い位置でもタワーの途中になりますが、この状態でも左右に180度回転できるのでしょうか?それとも、回転中心から左右*度までという風に限度を決めていらっしゃるのでしょうか。もしよろしければご教示ください。

この記事を書いてから1年になりますが、結局、タワーは細めのKT-Cシリーズにすることにし、載せられるアンテナの選択肢を若干広げることにしました。あまり大きなアンテナは載せられませんが、敷地も狭いので妥協しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地鎮祭、C21WW 80C WKD | トップページ | ZK3A 160m 80m WKD »