無料ブログはココログ

« ZK3A 160m 80m WKD | トップページ | 9H1XT 40C CFM »

2019年11月 2日 (土)

気が付けば11月(台風19号)

前回の記事を書いた翌週、10月12日に台風19号が伊豆半島に上陸しました。当地長野市は直撃は免れたものの、長野県東部に降った大雨が千曲川に流れ込み、県内各所で水害に見舞われました。まずは被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

今回の台風、上陸前から危ないと言われていたので、私の家でも職場でも、着々と事前の準備を進めていました。しかし、気象庁の予報やこれまでの台風の経験から長野県の中部、南部の大雨を警戒し、北部、東部の雨についてはあまり警戒していなかった、というのが正直なところです。

実際、長野県の中部、南部でも道路の陥没や崩落などあるにはあったのですが、それにもまして千曲川の氾濫の影響が大でした。

私は12日の昼から会社で待機し台風に備えていたのですが、夕方上流のほうで千曲川が越水を起こすと、それが順次下流のほうに移ってきて、翌13日未明には長野市内でも浸水を知らせるエリアメールが何度も鳴るようになりました。そのうち長野市長名で避難を呼びかけるエリアメールが出て、かなり切迫した状況であることが窺えました。そして夜が明けて明るくなるにつれその被害の大きさが明らかになってきました。

今回被害の大きかった地区はもともとハザードマップでも浸水が予想されており、私の記憶では平成7年の夏にも近くで浸水被害があったところです。しかし、今回のように川からかなり離れた場所でも水に浸かるというのはなかなかイメージしづらかったように思います。

また今回は、千曲川自体があふれなかったところでも、千曲川に合流する川が千曲川の増水により合流できずに氾濫してしまう事象も発生しました(飯山市など)。自然の成り行きとして予想できることとはいえ、たぶん大丈夫だろうというバイアスから逃れることの難しさも感じました。

 

私個人に関して言えば、自宅周辺は浸水もなく、停電なども起きなかったので、無事でした。

ただ仕事については台風関連の対応で12日以降はほぼ休みなしで、ようやく息をつける状態になったところです。気が付けばもう11月で、いくつかのペディションとコンテストは見過ごすほかありませんでした。

建築中の新居のほうも被害はなく、予定通り工事が進んでいますが、こうも毎年自然災害が多いと、無邪気にタワーを立ててよいものかどうか悩ましくなってきました。安全性に関し、近隣の方に説得力のある説明をできるかどうか。説明できるだけの情報をタワーのメーカーに出させることができるかどうか…。

« ZK3A 160m 80m WKD | トップページ | 9H1XT 40C CFM »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今夏から近々までの風水害で被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます
birdieさんやご家族の皆様は無事との事で安心いたしました
CD社のタワーに関しては 基礎工事をしっかり行い組み立て工法等に問題無ければ 今回の台風位の風速では大丈夫なのですが
① アンテナ自体・ローター・アンテナマスト・マストベアリングの順に被害が出る
② 耐風速は問題無いが 飛散した別の物体がタワーに衝突して被害が出る(これは予想出来ない)
(東日本大震災の時 海周辺の多くのタワーは流れて来た水では無く物体で倒されたのでは?と想っていますが....)
③ CD社のタワーの強度は例えが適当かは別として 真横に伸ばしても撓まない構造なので地震・風に耐えられる と噂されていますhi
拙実家のタワーですが 全高が低いので参考にはならないとは思いますが 数度の床上・床下浸水や東日本大震災等を体験していますが全く異常は発生しておりません(建柱して30年弱)
近隣の方々には アンテナ・タワー保険への加入や被雷対策等をPRして安心していただく等 健全なご近所付き合いを実行されるのが一番かと存じます
(お仕事上 鉄塔建柱での接地抵抗や雷雲と大地間の中和効果も安心材料としてPRされるのも宜しいかと)
エレベーター装着も有れば尚更 ご理解願えるのではと想います
FB DXを!

アドバイスありがとうございます。
そういえばBMFさんご実家のタワーはご健在?でしたね。

先日新居の外構の打ち合わせの際、外構業者さんにCD社タワーの基礎の図面を見せたら、その場ですかさずコンクリートの総重量を計算して「これは相当重い基礎ですね!これだけあればまず大丈夫ではないですか」とおっしゃってました。

CD社の製品はその点は安心なのですが、どちらかというと雷害が心配です。リグが壊れるのが怖いというより、そもそも雷に落ちてほしくないのです。

その点、伸縮できるクランクアップタワーのほうがよさそうなのですが、某FTI社さんの基礎図面を見ると、CD社の基礎より小さく(軽く)、それはそれで心配になり・・を繰り返しています。某FTI社さんは全国にお客さんがいて忙しいのか、質問に対する反応も鈍いですし、なかなか検討が進んでおりません。

いまは、家の竣工時にタワーを竣工させるにはあきらめ、じっくり腰を据えて工事を進めようと思っております。

実家のタワーの場合 CD社の図面+@の寸法で基礎を造ったので『安心』して登る事が出来ます(元来 高所恐怖症なのでhi)
落雷等に関しては 拙ブログに関連記事を載せました
FB DXを!

こういうことを書いてしまうと差しさわりのある人が多いのかわかりませんが、CD社の商品説明に書いてある基礎の寸法では建築確認申請で許可が下りないという情報を小耳にはさみました。BMFさんのご実家のタワー基礎が大きめなのは、そのあたりのこともあるのではないでしょうか。真偽のほどを確かめたいと思います。
避雷対策についてはBMFさんのページでコメントいたします!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ZK3A 160m 80m WKD | トップページ | 9H1XT 40C CFM »