無料ブログはココログ

« とりあえずのバーチカル:アースの改善 | トップページ | 6m FT8 北アルプス反射? »

2020年5月 3日 (日)

とりあえずのHB9CV、久しぶりの6m

Img_2651s

昨日の記事書いた通り、とりあえずのバーチカルはあまり体に良くないので、電波を出したいという誘惑にかられないように朝から撤去した。

さて、そのかわりに6mのHB9CVを上げてみた。

SWRが共振周波数でも2以下にならずに苦労したのだけど、ガンママッチのショートバーを内側に3cmほど移動させて1.5まで落とせました。

そろそろEsの時期だし、と思ってこの古い移動用アンテナを引っ張り出したのだが、今日はほとんど聞こえない。

午後になって50.313のFT8で少し信号が聞こえ始める。

そのうちJR6の局が20dBくらいで入感する強いEsも出たのだが、FT8の賑わいとは対照的に、Esが出ているその間もSSBやCWはとても静か。

みんなそんなにFT8がいいのかなあ?

JT65にくらべてスピーディになったとはいえ、CWやSSBほど短時間でテンポよくQSOできるわけではないし、せっかくのEsももったいない気がしました。

結局今日は、JR6、BY、0エリア国内局とFT8でQSOしておしまい。

 

« とりあえずのバーチカル:アースの改善 | トップページ | 6m FT8 北アルプス反射? »

6m」カテゴリの記事

コメント

先日、ELGさんの信号を6mのFT8でデコードできています。

このHB9CVだったのですね。FT8だとQSO出来そうですよ。

CWだと、厳しいかな?

PSKreporterを見ていましたら、DRLさんのところにも届いていたようですね。ただ、まったく届かない時もあるようで、なかなかVHFの伝搬も難しいです。せめてCWが届くと良いのですが。

地理的にはビームを向け合うと山岳回折で良い感じかも。
1度トライしてみたいですね。

当地からは後立山連峰が見えますので、今度スケジュールでもやってみましょうか。

ELGさん、6m FT8でのQSOありがとうございました。

山岳回折でいつでも繋がるのか?ですが、CWでもできそうかもですね。

DRLさん

今日はお声がけ?ありがとうございました。
BYを呼んでいたらWSJTの画面が赤くなったので、応答が返ったと思ったらDRLさんでした。慌てて呼び直しさせていただきました。

-18dBのレポートをいただきましたが、今日は50W送信でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« とりあえずのバーチカル:アースの改善 | トップページ | 6m FT8 北アルプス反射? »