無料ブログはココログ

« コンテスト考 | トップページ | 建設事務所から質問 »

2020年8月27日 (木)

確認申請書提出 (PCR検査で提出遅れ)

タワー建設の件ですが、本日やっと工作物の確認申請書を提出してきました。

書類自体はお盆休み明けにはできていたのですが、今日の今日まで提出できませんでした。

 

というのも、体調を崩していたからです。

8/22(土)頃から発熱し、一時37.3℃になりました。加えて頭痛とのどの痛み。

週明けの8/24(月)になって熱は下がったものの、体に熱っぽさが残り、頭痛とのどは相変わらず。

大事をとって仕事を休んでいたのですが、翌8/25(火)になってもあまり状況が改善しないので、かかりつけの医師のところに行こうかと思いましたが、こういう時期なのでまず最初に保健所に電話。

保健所でも「(コロナかどうか)判断に迷いますね。取り合えず先生に相談したら」ということで、かかりつけ医のところに行ったら、「ただの風邪のように見えるけど、こういう時期だから検査しましょう。PCR検査の予約しといたから」と言われてしまいました。

 

その足で指定の検査センターに行ってきましたが(ドライブスルー検査でした)、検査をした以上、外出もできないので、今日(8/27)「陰性」の結果をもらうまでは自宅から一歩も出ず、書類の提出ができなかった次第。

 

幸い今日は午前中に検査結果をもらえたので、午後から県の長野建設事務所に行き、資料を提出してきました。

長野県の場合、工作物の確認申請の手数料は12,000円(県の証紙)でした。

長野県は事前審査の仕組みがないので、中身の精査を受けるのは申請してから、ということになります。

 

« コンテスト考 | トップページ | 建設事務所から質問 »

コメント

新型コロナウイルス禍で かような症状では心配になりますね
極端な疲労・倦怠感を伴う場合は要注意との事で拙者の様な還暦を過ぎている者は日々戦々恐々な事態です
毎朝 身体の節々が痛いのは通例なので 朝食時に味覚や嗅覚の異常が無いかだけを頼りに生活しています hi
充分 注意してまいりましょう
さて 構造物の確認申請を提出されたとの事で これから作業が着々と進むのではないでしょうか?
素晴らしいシステムの完成をお祈りしております

長野県の場合、かかりつけ医による検査要否判断からPCR検査までの流れは非常スムーズで、ひところ問題になったような「症状がひどいのに検査が受けられない・何日も待たされる」ということはありませんでした。インフルエンザの検査のように検査してもらえたのは非常にありがたかったです。やはりこうでなくては。

その一方、冬に向けて体調を崩す方も増えるでしょうから、今後も今回のようにスムーズに検査が受けられるかどうかは心配です。

体調には気を付けていたつもりでしたが、やはり暑さとか、休暇明けとか、あるいはどうしてもやらなくてはいけない仕事とか、体への負荷を避けられない場合もあるので、この冬は難しいかじ取りになりそうです。

タワー工事は10月の予定です。昨年のように台風や大雨が来ないことを祈っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コンテスト考 | トップページ | 建設事務所から質問 »