無料ブログはココログ

« タワー工事:残土埋め戻し | トップページ | タワー工事:建柱 »

2020年10月24日 (土)

タワー工事:埋設管布設

10月19日。埋設管を敷設してもらいました。

Img_0511s Img_0513s

我が家のタワーは建屋の近くではなく庭の真ん中に建てたので、シャックとの間にどうケーブルを引き回すかが課題でした。

昨年そんなことをグチグチとブログに書いていたら、2エリアのある方から「私はフレキシブル電線管を使っています」というメールをいただきました。地中に電線を埋設するような工事はよくあるそうで、そのための製品があるという情報をいただき、私のところでもそれを採用することにしました。

シャックの壁にはもともとケーブル引き込み用に100Φの穴をあけていたのですが、フレキシブル電線管(以下フレキ管)でそこまでの太さのものはあまりないようで、結局、手に入りやすい内径36Φのものを2本埋設ということになりました。

基礎屋さんにユンボで深さ30cmほどの溝を掘ってもらい、ケーブルを埋設、そのあと再度埋め戻してもらいました。

計算ではフレキ管1本に8D-2Vが2本は通るのではないかと思っており、足りなくなったら3本目を敷設すればよいか、と楽観的に考えています。ここにケーブルを通すのがが容易なのかどうかは、このあとのアンテナ設置作業で分かるはず。

タワーの組み上げ、および、アンテナ設置工事は10/27の予定です。

 

« タワー工事:残土埋め戻し | トップページ | タワー工事:建柱 »

タワー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タワー工事:残土埋め戻し | トップページ | タワー工事:建柱 »