無料ブログはココログ

« QSLの写真検討中 | トップページ | 30m FT8、20m SSB »

2020年12月13日 (日)

ロータリーダイポールを上げた

12月12日(土)。

この週末から雪予報なので、今日中にRDP(ミニマルチのRN4MCX)を上げてしまうことにする。

我が家はアンテナエレベータなのでそんなに大変ではないと思っていたのだが、意外に苦労した。

■アンテナの組み立て

RDPの給電部のエレメントだけをマストに取り付けてそこから両端を組み立てていくつもりでいたのだが、うちのマストは2本継ぎで途中にボルトがあるので、マストに取り付け後それを上方にずらす方法が使えない。

仕方ないので、タワーの途中に取り付けた滑車からロープを垂らし、そこに給電部分を括り付け、マストには軽くタイラップで固定してから両端を組み上げていった。

■マストへの固定

アンテナが組みあがった後、タイラップを切断し、おおよそマストの取り付けたい位置までロープで引っ張り上げ、そこでマストクランプでマストに固定。この辺の作業は大した高さではないがタワーに登って作業なので、腰ベルトで体を固定していても意外に手こずる。

■同軸の取り付け

給電部にはバラン代わりのフェライトビーズ2個(アンテナ同梱品)を同軸に通して取り付け。約25mの同軸を引き回しエレベータのトラックにところどころ固定。そのあとタワーの中間点まで登ってケーブルを引っ張り上げ、タワーにも固定。さらに下に降りながら既設のケーブルとところどころ固定。

タワー下のウォルボックスまで持ってきたらコネクタの取り付け。はんだごては自宅の側壁のコンセントから線を伸ばしてつないだが、距離があるせいかあまり温まらない。少々心もとない感じだがシャックからきているケーブルに中継コネクタで接続。

最後にウインチを回して最上部まで引っ張り上げ。完成図はこんな感じ(写真は翌朝撮影ですが)。

Img_2918s

■試し打ち

40mFT8でGとLA、30mCWでCXと出来た。だけど夕方なのになぜかW方面が聞こえない。みんなARRL10mでもやっているのかしら?

SWRをリグのメーターでチェックしてみると、40mについては7000から7150くらいまでがSWR2以下で、それより上は実用域ではなさそうだ。リグ内蔵のチューナーを使いながらという感じ。30mは全般に高め。全域でSWR1.5~2といったところ。17mと12mはSWRは気にならないくらい低い。4バンドともほぼ説明書通りの傾向を示しているようだ。

既設のトライバンダーの方も調べてみたけれど傾向に変化はないので、相互の干渉はない模様。

 

12月13日(日)。

日中軽井沢方面に出かけて帰ってきてから、タワー下とシャックの間に2本目の同軸を通した。これでシャックにいながら2本のアンテナを切り替えできる。

やれやれこれでやっと年を越せそう。

もっとも80mと160mをどうするか、という問題は残っている。

 

« QSLの写真検討中 | トップページ | 30m FT8、20m SSB »

アンテナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« QSLの写真検討中 | トップページ | 30m FT8、20m SSB »