無料ブログはココログ

« 30m FT8、20m SSB | トップページ | あけましておめでとうございます »

2020年12月27日 (日)

タワードライブアンテナの実験

課題となっていたローバンドのアンテナを何とかすべく、この方の記事を参考にタワードライブを実験してみた。

我が家での構成はこんな感じ。ATUを利用したお気楽なガンママッチ方式。

Photo_20201227104901      

80mでは、ラジアルが5~10mの短いもの5本程度でもチューニングできたが、160mでは無理だった。そこでラジアルを本数は少ないものの20mのものにしたら、はじめATUはカチカチ言いながら悩んでいたものの、そのうちチューニングできた。

日没後から23時ころにかけて断続的に試し打ちを行ったが結果はあまりよろしくない。

80mCWでこのバンドのパイロット的な局であるLA1MFAを呼んでみたが、以前のベランダ3階設置10m釣り竿バーチカルなら楽々応答があるところ、何度も何度も聞き返された。

160mは1840のFT8を見ていたが、国内局がDXを呼ぶのが見えるばかりで、たまに見えたDXを呼んでも応答がない。JAとは何局か交信できたのであとからPSKrepoterで飛び具合を確認したが、ほぼ国内にしか飛んでいない。北米西海岸で信号を拾っている局があったが-24dBだった。

そして最大の問題は、頭が痛くなることだ。

これは15秒連続送信を繰り返すFT8で顕著なのだが、送信を始めて数分経つ頃から頭が痛くなるのだ。いままでアパートの一室でベランダに設置していた釣り竿バーチカルを運用する分には特に問題にならなかったのに(給電点との距離は2mくらいだ)、戸建てに移ったらこの状態。以前のアパートは鉄筋だったから壁がシールドになっていたのだろうか?ちなみパワーは今も昔も最大100W。

ちなみに現在、シャックとタワーの間の離隔は約5m。ひょっとすると電磁波防護の観点からもよろしくないのかもしれない。ちなみに家人は別に何ともないようだ。

それにしても、自宅の敷地にバーチカルを建てている人って結構いますよね?みんな大丈夫なのかなあ?

« 30m FT8、20m SSB | トップページ | あけましておめでとうございます »

アンテナ」カテゴリの記事

コメント

160mの飛び具合がうちと同じですね。
やはりラジアルの問題で、輻射パターンが上を向いているかと思います。
それでも、コンディションの良い日はEuから呼ばれたりします。
ラジアル工夫してください。
GL!

飛ばないのはやはり接地が悪いからですかね。
たった2本のラジアルなのでそんな気はしてましたが、実際問題として狭い土地にラジアルを這わせるのはなかなか大変です。
タワードライブをあきらめてスローパーに変更するにしてもやはり接地は大事でしょうしねえ…。

ELGさん
ちょっとメールをお送りしましたので、ご覧いただければと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 30m FT8、20m SSB | トップページ | あけましておめでとうございます »