無料ブログはココログ

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月31日 (日)

タワードライブ その2

1月31日(日)。

年末にタワードライブアンテナを試してみたが、アースがよろしくなく出来の悪いアンテナとなってしまったので、その改良版をためしてみた。

ラジアルを地面に張るのは大変なので、移動運用時代にお世話になった「車体アース」に登場願うことにした。イメージとしてはこんな感じ。

Tdrive

車をタワー直下まで寄せて駐車し、タワーと車体を電気的に接続した。接続はなるべく太い線が良いので、車に積んであったブースターケーブルを使った。3mと長いのだがそこは実験なので目をつむる。

そしてマッチングセクション(ガンママッチ)の部分はATUにお任せ。ATUの接続は移動運用との時と全く同じである。

リグはシャックのものでなく車載のものを使う。50Wだが致し方ない。(実は前日にシャックの100W機を使ってうまくいかなかったのだ)

この状態でチューニングを取ると160mも80mも問題なく調整できた。

 

さてこの実験はWW160mコンテストの時期に合わせて行っているので、試し打ちの相手には事欠かないはずなのだが、今年はコンディションが悪く北米西海岸もさっぱり聞こえない。聞こえるのはBYとHLとUゾーンと...JAばかり。

あえてJA局はコールしなかったのだが、結局できたのはUゾーン3つとHLが一つ。HLやBYであっても全く相手にされないこともあった。

ということでコンディションのせいもあるのかもしれないが、イマイチな結果となった。

調整の容易さと言い、飛びと言い、アパートのベランダ釣竿アンテナのほうがよっぽど良かった気がしている。

2021年1月27日 (水)

6O1OO 40mFT8 WKD

1月27日(水)。

今日も在宅勤務なので、始業時間までしばし無線タイム。

ここのところ毎朝40mFT8でアルジェリアの局が出ていたので覗いてみると今日はソマリアの6O1OOが出ていた。

-8dB前後の信号強度で入感しているし、呼ぶ人も少ないのでチャンスありとみて呼んだところ、4,5回呼んだところで応答あり。

ソマリアは80年代にT5GGと交信しているのでATNOではないのだが、LoTWやClublogに登録した交信データではNewなのでありがたい。

しかし調べてみるとこの局はLoTW非対応だった。ちょっと残念。

 

2021年1月25日 (月)

9Z4Y 20C WKD

1月25日(月)。

今朝は気温が高いせいか濃霧。

Img_2981s

近所の畑もこの通り。

さすがにこの霧の中をクルマで出勤するのも心配だったので、急遽2時間の時間休を取って霧が晴れるのを待つ。

待っている間、朝のカリブ方面チェック。

clublogの「DX cluster」メニューは自分にとってATNOとなる局だけを表示してくれるので、スポットした局がどこの地域かにもよるが、ATNOを探すには便利。今朝ものぞくと9Z4Yが20mCWに出ている。

早速その周波数に行ってみると弱いながらも9Z4Yの信号が聞こえる。スタンバイしたところですぐに呼んだがまずW局が拾われた。その次にKL7の局が拾われて、自分が呼ぶときにはほかに呼ぶ局は聞こえなかった。すると「0?」で応答がある。

先方にはあまり強くは届いていないらしくプリフィックスを1度、サフィックスを3度ほど繰り返し送信して、何とか拾ってもらえた。その間かぶせてくる局もなく安心して訂正できた。トリニダード・トバゴはATNO。

 

昨日のHHといい、CWはほとんどパイルがなく比較的簡単にQSOできた。以前だったらそれなりにパイルになって苦戦したはず。

もし最近のFT8の流行のおかげで、レガシーなモード(CWとかSSBとか)の運用者人口が減っているのだとしたら、案外ありがたい話かもしれない。

 

2021年1月24日 (日)

HH2AA 20C WKD

1月24日(日)。

VP2ETEが朝の20mFT4に出てきているようなので、朝7時半からワッチ。

確かに出てきてはいたが、入感が安定しない。見えたり見えなかったり。どうにも呼ぶタイミングがない。

そしてある時刻以降、ぱったり見えなくなった。ほかに呼んでいる局はいるのだが当局では不感。

 

あきらめてちらっとクラスターの画面に目をやると20CでHH2AAが出ている。

すかさずCWバンドに行き、バンドエッジなのでリグのATUで軽くチューンを取ったのちup1で呼んだらあっさりコールバックがあった。ハイチはATNO。なんだか久しぶりにCWでのDXハントだった。

 

9時前、4U1UNが20mFT8にいるというクラスターを見る。

ダイヤルを合わせてみるが、呼ぶ局はおれどご本尊が見えない。

しかしそのうちに1回見えた。-23dB。これは弱い。

そのあと何度か見えたが、VP2ETEと一緒で入感が安定しない。

4U1UNはロケーションは良いのだろうが、アンテナがバーチカルらしい。こうやってアクティビティのあるうちにチャンスは回ってくるだろうか。

 

2021年1月22日 (金)

9G5FI 30F

2

1月22日(金)。今日は休みを取っていたので朝ちょっとだけ運用。

9G5FIが30mFT8で見えていたのでQSO。

+10dB~14dBという強い信号で見えていたのに、何度も何度も振られてしまった。

朝の9時前になってようやくリターンあり。相手からは-5dBで返ってきた。

それにしてもこの局、いつも本当に強いですよね。西アフリカからとは思えない。

 

2021年1月21日 (木)

FS4WBS 20S WKD

今日は在宅勤務のため、始業時間近くまでワッチ。

ワッチと言っても結局はクラスターをのぞいたり、FT8でどの辺が聞こえているかチェックしたりする程度なのだけれども。

DXscapeの「JA」を見たら20mFT8でカリブ方面がスポットされていたのだけれど、私のところでは不感。

それではということで「WW」を見てみたら、14.239でFS4WBSとある。FSということはSaint Martin?

モノは試しと北北東にビームを振ってそのあたりをワッチしてみると確かにFS4WBSがいる。強くはないが十分聞き取れる。

主に北米から呼ばれて小パイルとなっていたが、西日本の某ビッグガンも呼んでいる。そしてそのビッグガンがピックアップされた!

そのあと「outside US」指定となったので、2,3度コールしたらJR0ELまで拾われて、あとはラストレターを補完してQSO成立。

あまり苦労なくFSが取れました。もちろんATNO。「JA」にスポットされていなかったことが幸いした感じ。

2021年1月10日 (日)

同軸避雷器設置

年末の吹雪で静電気が発生した話は先日書いたが、その後日談。

年明け以降、自宅内LANにつながった複数の装置で故障が発生していることが分かった。

一つ目は装置の集約に使っているハブ。二つ目は2階の部屋に設置していたWifiAP。そしてこれは因果関係が不明だが、リビングに設置していたAppleTV。

WifiAPはWAN側のポートのリンクランプがつかないことが分かった。安いものなので近所の電気屋で買って新品を買ってきた。AppleTVは電源が入らないという故障で、これも近所にあるApple製品のサポート窓口にもっていったら修理に16000円かかると言われてしまった。結局21000円出して4K対応の最新機種を買ってきた。

さて肝心のアンテナ系については、年明けに第一電波工業に「御社の同軸避雷器は降雪時の静電気にも有効でしょうか?」と聞いてみたところ「有効です」という返事が返ってきたので、さっそくネットでポチった。

昨日、タワー下のボックスに組み込んでみた。

Img_2970s

アースはタワーと導通のあるボルトにつないだけど、こんなんで大丈夫だろうか。

とりあえずお試しで1個だけ購入し、様子を見てみる。

 

2021年1月 2日 (土)

年末年始:降雪による静電気が発生

12月30日夕方のこと。

FT8運用中にヘッドホンから「プチ、プチ」という音が聞こえる。電気的ノイズであることが分かる嫌な音だった。

思い当たることがあったのですぐに同軸のコネクターをリグから外して音の出所と調べたところ、やはり同軸コネクタから音が出ている。

予報通り外は雪で、若干吹雪いている。どうやらこれが原因と思われたので、台所からアルミホイルを持ってきて同軸の芯線と外皮がショートするように包み込んだ。それでもまだ音がする。どこからだろうと思ったらローテーターのコントローラからも音が出ている。しかもENDランプ(回転限界まで来たことを示すランプ)がプチプチ音と同期するように光っては消えている。

こりゃまずい。

ローテータのケーブルを途中で分離できるところはタワー下のウォルボックス内しかない。

ということで、吹雪の中タワー下まで行き、同軸とローテータのケーブルをすべて切り離した。そしてタワーの上からきている方のコネクタをアルミホイルで包み、それをウォルボックスをタワーに固定しているボルトに接触させた。これで静電気はタワー経由で地面に放電するはず。

シャックに戻るとコントローラの音も止まっていた。

ローテータも含めケーブル類を途中で切り離し可能にしたのはもともと雷対策のためだったが、やっておいてよかった。

 

さて何の気なしにPCのブラウザを再読み込みすると、ネットの接続が切れている。

おや?

手元のスマホもWifiの電波をつかんでいるものの、ネットに接続しない。

一難去ってまた一難。

調べていくとHGWとPCの間にあるハブ(直接的にはここにPCやWifiAPが収容されている)の様子がおかしい。リンクランプが消えている。

電源を入れなおすと一度復旧したのだが、またしばらくして接続が切れてしまう。

仕方ないので、PCやWifiAPをすべてHGWに直結(HGWにはたいてい3ポートくらいLANの口がついている)。するとWifiは復旧したがPCが復旧しない。PCは再起動を掛けてもLANが復旧しないので、急遽昔使っていたUSBポート接続のWifiドングルを引っ張り出してきてPCもWifi接続にして復旧した。(1月2日になってPCは電源コードの抜き挿しで復旧。ハブは復旧せず。ハブはたぶんLANポートの半導体がやられたでしょう)

 

それにしても静電気がこれだけの悪さをするとなると何か対策を考えなくてはならない。

考えられるのは今アルミホイルで対処している「同軸をリグと切り離し+同軸の芯線と外皮をショート+タワーに落とす」を簡単にやる方法。同軸切替器の利用を思いついたがたぶん外皮がすべてのポートとつながっているので役に立たない気がする。リグとの切り離しは手で行うことにして、放電用のM型メスコネクタ(タワーに直結)を用意してそこに接続できるようにするくらいだろうか。ローテータのコネクタはどうしようかという課題は残るけど。

2021年1月 1日 (金)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

今年は実家への帰省を取りやめたため、元旦の夜に記事を書く時間が取れました。

例年この時期は実家に帰省しており、テレビ等見ながら食事をしていると一人になってブログ記事を書く時間がないのですが、今年は十分時間があります。こういう静かな元旦も悪くないものです。

恒例のDXCCのおさらいですが、2020年末現在で CFM/WKD=282/282でした。

2019年末に比べるとCFM,WKDともに3upです。

タワー建設後、10月に9Gと5T、11月にJ6ができたことによるものです。

タワーが建ったらどんどんQSOできるかと思ったら案外そうでもなく、欲しいところがなかなか聞こえてきません。

カリブの9Yや8P、アフリカのS01WS、7X、欧州のZB、C3など比較的アクティビティの高いところでも、呼んでいる人は見えるのにご本尊はさっぱり聞こえない/見えないという状態は相変わらずです。

ペディションも軒並み中止で、今年もその状況に大きな変化はないでしょう。そうなると常駐局が出てくるタイミングをとらえるしかありません。

運用環境は改善されたものの、今年も我慢の年になりそうです。

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »