無料ブログはココログ

« PJ7AA 20m FT4 HRD | トップページ | TZ4AM 17C HRD »

2021年3月 5日 (金)

JX2US 20C WKD

3月4日夜。

風呂に入る少し前にJX2USのスポットが上がる。その周波数に行ってみるけれどもかすかに「何かいる」程度しか分からない。

風呂に入った後、再度覗くと先ほどよりもしっかりした信号で聞こえる。そして「JX・・・」というコールも聞き取れた。

最近電波を出すと頭痛を感じることがあるので、以前のようにスタンバイのたびに何度も何度も呼ぶこともできない。

リターンポイントを探りながら、ここだと感触をつかむまでは呼ばない。

JAが拾われてもEUが拾われても、信号がスキップするか届かないかで、リターンポイントがなかなか分からない。

クラスターやtwitterでWKDできた情報を見てもup1の人も入ればup1.5の人もいる。

そのうちにup2でTUを返している局がいたので、次のスタンバイで呼んでみた。

ビンゴ。

 

JX2USの信号は北極回り独特のふらふらとした頼りない信号だったが、相手も心得ていて、こちらのコールを2度繰り返してくれたので確かに自分だと確認できた。JXはATNO。

« PJ7AA 20m FT4 HRD | トップページ | TZ4AM 17C HRD »

DX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PJ7AA 20m FT4 HRD | トップページ | TZ4AM 17C HRD »