無料ブログはココログ

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月

2021年4月30日 (金)

GWだけにGW

4月29日(木)。

29日に日付変わった頃、20mSSBでYI1WWAが入感。先日のYI3WHRの時と違って55くらいでよく聞こえている。

CQをだしているので呼んでみたら応答があった。先方はDPに100Wだそうだがよく届いている。

ここのところ聞こえてくるイラク局は最近開局した人が多いらしく、ラバースタンプのQSOであっても無線の交信自体に新鮮な喜びを感じている雰囲気が感じ取れる。

 

そのあと、20mFT4を覗くとGW(Wales)の局が複数CQを出していたので2局続けて交信。

GWと言えばGW3YDXがアクティブなのだが、いかんせんこの局はLoTW未対応なのでLoTW上はずっと未CFM。それでずっとこの局以外の局を探していたのだ。FT8/FT4の普及のおかげで、ビッグガンなくても信号を送り込んでくれるようになったので助かる。2局交信したうちのGW0TKXはLoTW対応局で、すぐにLoTWにデータを上げてくれた。これでLoTW的に1up。

 

 

2021年4月26日 (月)

6O1OO QSL RCVD

4月26日(月)。

1/27に40mのFT8でQSOした6O1OOからQSLが届いた。

6o

LoTW未対応なのはちょっと残念。

QSLの裏を見てびっくりしたのが、彼の局のアンテナが「Little Tarheel Ⅱ」だったこと。これ、モービルアンテナだよね?!

6o2

噂には聞いていましたが良く飛ぶアンテナのようですね。

 

2021年4月24日 (土)

新QSL

Qsl210424 

現QTHに引っ越して1年にもなるというのに、まだQSLを作り直していなかった。

ということで、先日ようやく作りました。

この1年間のQSOでQSL交換していただける(+いただけそうな)方には順次発行をしています。

発注先は地元(といってもここからは結構遠い)諏訪のオノウエ印刷さんですが、今回QSLのデザインを改めてやってみて、デザインのひとつのキモは「書体」だなあと思いました。オノウエ印刷では何十種類かある書体から選ぶようになっているのですが、正直なところ、どれもいまひとつピッタリ来なかったのですよね…。だったら自分で世の中のフォントを引っ張ってきて写真の上に印字してしまえばいいのですが、そうすると完全データ原稿で入稿ということになり、フォトショとイラレ(AdobeのPhotoshopとIllustrator)が使いこなせないと難しい。そんなことやっている暇も余裕もないので今回はえいやっと書体を選びました。

オノウエ印刷さんには今回写真の構図のことで結構無理を聞いてもらったので申し訳ないのですが、もうちょっと使える書体を増やすか、今風のものにアップデートしていってくれると良いなあ、と思います。

 

2021年4月18日 (日)

10mFM 南方オープン

4月17日(土)。

朝から天気が悪く雨。

しかし医者とタイヤ交換の予約を入れているので、8時半には家を出発。

まず定期通院の医者に行き、そのあと医者の近くにあるタイヤショップに行って、預けてある夏タイヤと冬タイヤを交換。

冬タイヤは4シーズン目だったのだけど、まだ使えるとのことで、引き続き預かってもらう。

 

午後は畑仕事もできないのでダラダラと過ごしていたが、そろそろ10mFMが開けるのではと断続的にワッチしていたら、夕方から南方がオープン。4エリア、6エリアが聞こえる。

28MHzの八木アンテナにリグ内蔵のチューナーで無理やり乗せて、それでも心配なのでパワーは10Wに落としてコール。

FMなのでどうしても強い局につぶされてしまうのだが、それでも4エリア局とQSO。今季初めての10mFM。

 

そろそろVUのアンテナをどこに設置するか考えなくては。

タワーのマストに乗せしまえば簡単なのだが、もう一本余計に同軸を引き回すのが面倒で少々ためらっています。

 

2021年4月13日 (火)

YI3WHR 20S WKD

4月13日(火)。

12日から日付が変わった頃、YI3WHRが20mに出ていることに気づく。

西の方にアンテナを向けると、弱いながらもCQを出してはEUをさばいているのが聞こえる。

YIの局はしばしばクラスターにあがってくるのだが、たいていEUを相手にしていてJAやAS方面は気にしていないことが多い。今日もそのパターン。

それでも時々信号が強くなる時があるので何度か呼んでみるが、なかなか気づいてもらえない。

ここは強いJA局にも呼んでもらおう…と、クラスターにスポットを上げる。

そのうち1エリアのJA局がコールするのも聞こえるようになったが、相変わらずEUばかりを相手にしている。

 

あまり状況は変化しないように思われたが、次第にYI局の信号が強くなってきた。

あきらめずに呼んでいると、「R」が引っ掛かった。

R→R0→JR0と次第にコピーされるようになり、なんとかフルコールを拾ってもらった。

 

YI、イラクは今のコールでは初めて。1エリア時代に一度YI9PSEと交信しているのだが、ログを見たら11年前の4月11日の交信だった。今頃は中東方面が良くつながるようだ。

11年前はN6PSEらによるペディションで、当時比較的治安が安定していると言われていたクルド人自治区からの運用だった。今回のYI3WHRはバクダッド南郊、アルムサイブという町からの運用。きっと現地局も増えているのだろうと思われる。

 

2021年4月 6日 (火)

C92RU 15m FT8

4月6日(火)

この時期は期末締め、年度末締め、人事異動などでバタついているうえに、今年は4/1-2に聖火リレー、4/8からは参院補欠選とイベント続き。ちょっと疲れがたまってきました。12年前までの東京勤務時代に比べればずいぶん楽なはずですが、無理の利かない年齢になっています。

先日まで行われていたA25RUのペディションですが、ロシアチームは素直に国に帰ったかと思ったら、まさかの1500km陸路移動でモザンビークから出てきました。本当に元気な人たちですね。

モザンビークは過去に4交信していますが、LoTWでのCFMがないので、1交信ほしいところ。

夕食後、17mでスポットが上がっていましたが、検索すると各バンドで出ているようなので、どこで聞こえるだろうと各バンドを巡回していったら15mでよく聞こえていました。17mはDPなので勝ち目はないと思い、15mでパイル参戦。

F/Hモードで4ターン、都合20回ほど呼んだところで応答がありました。レポートは+06dB。すごくよく届いている割には苦労しました。

 

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »