無料ブログはココログ

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月

2021年11月13日 (土)

PP5JR、VK9DX 80F WKD

11月13日(土)。

夕暮れ時から80mのFT8をワッチしていたがめぼしいところが見えないので、しばらく別の仕事をしていたところ、17:45頃、PP5JRが見えていることに気づいた。これはと思い、何度か呼んでいたらできました。夕食後にちらっとLoTWを見たらちゃんとCFMされていました。

先日のHD8Rの80FがまだCFMされていないので、PP5JRが80m初の南米になりました。

そのあと、3D2TSとやって(実はFijiも80mは未交信だった)、もう今日は十分だと思い片付け始めたら、なんとぽろっとVK9DXが見えた。

Norfolk I.はもちろん80mでは未交信なので、呼ぼうとしたら「QSY 3577 F/H」のメッセージが。

すぐに3577にQSYしてF/Hモードで呼んでいたらできました。今日は80mのバンドニューが3つ。満足です。

2021年11月 3日 (水)

PY0F 20F, HD8R 80F WKD

11月3日(水・祝)。

■PJ7P

ここ数日朝7時前後は30mFT8でPJ7Pがときどき歯抜けになりながら見えているのだけど、呼んでも呼んでも応答は返らない。

今日はハイバンドでカリブ方面が開けていて、15mSSBで9Z4FEなども大変よく聞こえたので、PJ7Pも30mじゃなくてハイバンドに出てきてほしいのだけど、どうもこの局はJAにとってちょうどよい時間にちょうど良いバンドには出てきてくれないみたい。

 

■PY0F

8時前後からPY0Fが20mFT8に出てきた模様。先日の20mSSBの信号はか細い信号だったが、今日のFT8は-15前後でまずまずの信号。

ただFox/HoundではなくMSHVということで、はたしてシーケンスをすべてソフト(JTDX)にお任せできるかどうか。

8時半ころに「JR0ELG PY0F -22」が返ってきたので「PY0F JR0ELG R-15」と返したが、その後も「JR0ELG PY0F -22」が来るばかり。そのうちに返答が来なくなったので、しつこく「PY0F JR0ELG R-**」を繰り返したらそのうち「JR0ELG PY0F R-**」が来た。

本当なら「RR73」が来るのでは?と思ったが、ソフトのほうが反応してこちらから「RR73」を送ったところ、その後相手からの返答は無し。

釈然としないが、交信が成立したような気がする。FT8はこういうことがあるから困るんですよね。

まあ頭も痛くなったのでこれは出来たことにする。

 

■HD8R

午後買い物から帰ってきたらもう日暮れ時だったので、帰宅後すぐに80mをワッチ。HD8Rが3.567に出ている(FT8 F/H)。

80mの南米はまだ未交信なので、JAから交信の容易なガラパゴスでぜひ落としておきたい。

タワードライブアンテナにCG3000+100W送信で4回ほど呼んで様子をうかがっていたら、すぐに順番が回ってきて「-10」で応答あり。意外にあっさり南米の80mができました。あとはアフリカの80mを何とかしたい。

 

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »