無料ブログはココログ

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年3月

2022年3月21日 (月)

前島記念館

Img_3774s

3月21日(月・祝)。

天気もいいので、車で上越まで。

ところが天気が良いのは長野県内までで、新潟に入るとやはり小雨の降る天気だった。日本海側は本当に晴れない所だ。

上越市にある「前島記念館」は、「日本近代郵便の父」あるいは「1円切手のおじさん」こと前島密の生家のあった場所に建っている。

記念館の向かいには郵便局があるのだが、これが「前島記念池部郵便局」という名前である。通常の郵便局名に「前島記念」が付されている。

記念館本館は鉄筋2階建て。向かいの郵便局の中には別館もある。入場は無料。

前島密は幕末期の豪農の生まれであるが、母方に医者がいたりして勉学の環境にも恵まれ、また養子に行くなどして幕臣に取り立てられ、明治期の国づくりに大きく関わっていく。本人の意欲が何より必要だと思うが、生まれが良くなくても立身出世できたという点ではもしかしたら昔のほうが良かったのかもと思えるほどだ。

「キムラヤと言えばパン、郵便と言えば前島」と言われるほど郵便に関する功績は有名だったらしいが、それ以外にも、教育改革としての漢字廃止論、東京遷都、日本通運の前身の創立、鉄道事業、電信電話事業の開始、早稲田大学の前身の創立などいろんな事業に関わっている。国の作り始めだからそういうことになったのだろうが、これくらいいろんな仕組みを考えられるとそれはそれで結構楽しかったのではないだろうか。

それほど広くない記念館だが、途中から管理人(きっと館長さん)がやってきていろいろ説明してくれたので、たっぷり1時間半見学できた。意外と穴場です。

 

2022年3月20日 (日)

トリニダード・トバゴ祭り

3月20日(日)。

体温は36.9度。昨日のワクチン接種の影響か若干高め。頭も少し重い。

8時ころ起きてきてリグのスイッチを入れたが、4U1UN(20C)の信号は聞こえず。

10mのFT8を覗くとPU0FDN、PJ7AA、TO3Zが出ているらしいことは分かったが、当地では入感を確認できず。

 

15mではSSBで9Z4FEがとてもよく聞こえている。パイルになっていたが少し空いてきたところで呼んだら応答がもらえた。昨日に引き続きコンディションは良さそう。少し下の周波数では9Z4AHもパイルになっていて、今日はトリニダード・トバゴ祭り。

 

せっかくなのでPhoneの周波数をワッチしていたらWG3C(メリーランド)が良く聞こえていた。

「59 QSL?」のQSOで終わらせるのはもったいない気がしたので、他に呼ぶ人がいなくなるまで待ってコール。

こちらの信号は向こうにも良く届いていたようで、「信号よく来ているけどいいアンテナだね(QRZ.comを見たらしい)。ずいぶん高そうに見えるけど何mH?」と聞いてきたので「18mH」と答えると、「うちのより高い。うちは17mHの2エレだよ」と返ってきた。「じゃあだいたい高さは一緒ですね。高く見えるのは写真だからですよ」と返す(実際は「返したつもり」。この辺は英語でうまく言えなかった)。

外国語でも日本語でもそうなのだが、相手の質問に対してきちんと返すとちょっとした会話も面白くなる。きちんと返せばコミュニケーションが成立する。特に外国語でのQSOだと言いたいことだけ言って終わらせることが多いので、気を付けたいところ。
(実は私の前のQSOで、WG3Cが「以前交信したことがあるって言ってたけど、どのバンドでした?」と聞いているのにJA局は「ええと21年前」みたいな会話のすれ違いが起きていたので、もったいないなあと思っていたところ)

 

2022年3月19日 (土)

HV0A 12F WKD

3月19日(土)。

朝はカリブ方面の伝搬がすこぶるよく、21MHzでVP2MNI、V21CがJE1LETとラグチューしているのが双方ともに良く聞こえた。

VP2MNIは途中からCQ JAを出し始めたので、かなりのパイルになっていた。そうなると当然呼んでも応答は返らない。

今日は午前中コロナワクチン3回目接種の予約があるので、途中で切り上げてかかりつけの内科医院へ。

 

午後はおとなしく静養。

と言いながら特に目立った副反応もないので、アンテナの配線をいじったり、久しぶりに144/430MHzをワッチ。

この辺のVUHFは非常にアクティビティが低いので、CQを出す局もなく、モービル局が仲間内で話しているのが聞こえる程度。

JR9VQ立山レピータも電源が落ちているのかトーンを送ってもIDが飛ばない。美ケ原のレピータもダメ。揃いも揃ってどうしたのだろう?

 

夕方、HV0Aが28.079FT8に出ているというスポットが上がる。アンテナをふってみるが、当局では見えない。

あきらめてリビングでXとお茶を飲んでいると、今度は24.911に出てきたという。スポットを上げているのは0エリアの局。

すぐにリグの前に行ってワッチを開始すると十分な強さでHV0Aが見えている。これはチャンス。

PSKreporterを見ながら呼んでみると、HV0Aで自分の信号が-9dBくらいで拾われている。これはいけそう。

しかし呼ぶ局も多くなかなか順番が回ってこない。結局45分くらい断続的に呼んでやっと応答がもらえた。バチカンはATNO。

 

夕食後、今度は21.070でHV0Aのレポートが上がる。これもすぐに呼んだら2回目くらいで応答があったが、RR73が確認できなかった。

自局あてのレポートの再送がなかったから、単に自局あてのRR73が確認できなかったものと思いたい。

 

2022年3月12日 (土)

EX0QR 80C WKD

3月11日(金)。

日本時間の20時台、現地はまだ日が落ちない時間帯に80mCWでEX0QRのスポットが上がった。

試しにワッチしてみると誰かいるような気がするが、あまりにか細い信号で聞き取れない。

しかしpskreporterの世界地図を見る限りしばらく待っていればグレーラインが通るはずなので、その時が狙い目と思いしばらく待つ。

現地日没が近づくにつれ少しずつではあるが信号が強くなり、ところどころ聞き取れるようになってきた。EX0QRに間違いない。

ところがちょうどグレーラインに掛かった21:30頃、ぱったり聞こえなくなってしまった。これからがいいタイミングなのに…。

しかししばらくすると再びCQが出たのを確認。すぐに呼んでほぼ一発で拾ってもらえました。キルギスタンの80mはバンドニュー。

 

 

 

2022年3月 9日 (水)

XE1KK 80F WKD

3月6日(日)。

寝る前にちょっとだけと思いリグのスイッチを入れてJTDXを立ち上げたら、80mでいきなりXE1KKが入感。

慌てて送信ボタンを押したら回り込みが起きたのか送信がストップしてしまった。

XE1KKはここ数日短時間しか入感しないのでそのタイミングを何度も狙っていたのだが交信に至らず。またも取り逃がしか。

回り込みが起きないように再度調整を取り、パワーも50Wくらいまで落として大丈夫なことを確認し、徐々にパワーを上げて行ったら100Wでも落ちなくなった。

そして気を取り直して呼んでみたらすぐに応答が返りました。

80mのXEはバンドニュー。

その後LoTWでもCFMが確認できました。

 

2022年3月 5日 (土)

JODE/新潟放送 長岡ラジオ放送局

Bsn2

今日は天気も良かったので、車で新潟の長岡まで行ってみた。

実は天気が良かったのは私の家の周辺だけで、新潟県内に入るとどんよりとした曇り空が広がった。

用事を足した帰り道、市街地の道沿いに奇妙な鉄塔が建っている。普通この手の鉄塔の上にはパラボラやGPアンテナ、携帯基地局のアンテナが載っているものだがそういったものは付いていない。車が建物に近づくと建物に「BSN」の文字が。新潟放送の送信所?

町中にある放送局のアンテナと言えばふつうは中波のアンテナで相当な高さの柱が建っているのが普通だが、いくら何でも町中すぎる。だとするとこれはワイドFMの送信所なのか?でもそれだったらもう少し見通しのきく山の上に建てるだろう。

家に帰ってきてからGoogleストリートビューで調べると、やはりそれは中波ラジオ放送の送信所だった。

そしてアンテナをよく見るとダウンリードらしきものが付いている。これは町中仕様の中波アンテナのようだ。この手の折り返しアンテナを見たのは初めてのような気がする。

 

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »