無料ブログはココログ

« VK9DX 17C WKD | トップページ | タワードライブアンテナ その後2 »

2022年4月24日 (日)

WARCバンドのアンテナ

現在14/21/28はクリエートのトライバンダー(318)、7/10/18/24はミニマルチのRDP(RN4MCX)を使っているが、18/24は正直聞こえない局も多く、つらくなってきた。

そこで18/24を3エレクラスの八木にすることを検討し始めたのだが、そうすると残る7/10をどうするかと言う問題が発生する。

現状のRDPを残してその上に18/24のデュオバンダーを上げるのがよさそうだが、そうするともう一本タワーに同軸を引っ張る必要が発生する。これが結構大変そうだ。今は2本の同軸とローテーターケーブル1本、計3本があるのだが、さらにもう一本束ねることができるかどうか。

そこで、このRDPをミニマルチのNB32X(10/18/24のHB9CV)に置き換えようか、という発想が出てくる。

18/24は2エレで非力な感じだが、今よりは改善するはず。しかも10MHzもついてくるのでお得だ。その場合7MHzはあきらめる。現状のタワードライブアンテナでバーチカルとして出ることはできるし、黒点の少ない時期になったらまた考えればよい。

ただどうしても気になるのは「18/24あたりを2エレで戦えるのか」と言うこと。

FT8のF/Hモードが出てきたおかげで、以前ほど「パイルを抜く」ことを意識しなくても良くなったはいえ、相手の設備のほうが貧弱で受信に苦労する場合もある(4U1UNやZBの局など)。

しばらく悩むことになりそう。

来年早々のブーベのペディションまでには何らかの整備をしたい。

« VK9DX 17C WKD | トップページ | タワードライブアンテナ その後2 »

アンテナ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、NB42Xはどうですか?

NB42Xは回転半径が大きいので敷地の中に納まらないのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« VK9DX 17C WKD | トップページ | タワードライブアンテナ その後2 »