無料ブログはココログ

« 8R7X 途中経過 | トップページ | 8R7X 途中経過(2) »

2024年2月19日 (月)

8R7X 初日(意外や意外10mFT8)

2月19日(月)。

この土日(2/17~18)は連日16時から19時くらいにかけて8R7Xの30Fを追いかけていたのだが、信号が非常によく見えているにもかかわらず、一度たりとも自局が拾われることなく、一体どうしたことかと頭を抱え込んでいた。

一度拾われてRR73までたどり着けないということはFT8ではよくあるが、8R7Xについてはそれすらない。

 

今朝も17Fで-15前後でよく見えていて、平均3ストリームくらいでどんどんさばいていくのだが、自局のコールは依然として拾われない。

これはJTDXが悪いのか?と一時的にWSJTを起動して呼んでみるが変化はない。

グリッド付きで呼ばずにレポートから呼んでみたり(Skip TX1)、たまに応答が返ったふりをして「R-15」みたいなレポートを送ってみたりしたが、変化なし。

 

いったんリグを離れて家事を始めて、再びPSKreporterを覗くとピンク色の10mのマークが出ている。

おや?と思い、28.094に行ってみると、8R7Xの濃いスジが5ストリームくらい見えている。

30mも17mもHB9CVだが、10mは3エレの八木。アンテナを変えてみたら違う結果が出るだろうかと10Fのパイルに参戦。

とはいえ朝の家事をしながらなので、いったんJTDXを仕掛けて、洗濯物を干して戻ってきたら、ちょうどリターンに応答を返しているところだった。すぐにはRR73が返らず再送したが、それでも次にはRR73が返った。8R(Guyana)はATNO。

それにしてもなぜ今まで一度もリターンが返らなかったのだろう。いまだに謎。

 

« 8R7X 途中経過 | トップページ | 8R7X 途中経過(2) »

DX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 8R7X 途中経過 | トップページ | 8R7X 途中経過(2) »