無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2017年4月26日 (水)

立山レピータ

少し前の話だけれど、金沢に住んでいる友人と話している時に、金沢~長野間は立山レピータ経由で通信可能か?という話題になった。

我が家の近所からは、冬の天気のよい日には北アルプスの山々が見えるのだが(下の写真)、よくよく調べてみると、これらの山は「後立山連峰」だということが分かった。

3

(写真)長野市内から見た後立山連峰。中央の「爺ヶ岳」の向こうに立山がある。

ためしに、我が家のベランダにポールを建て、その上に簡単なアンテナを載せると、立山レピータ(JR9VQ)の音声IDがノイズ混じりながら聞こえてくる。

そこで、その友人とスケジュールを組み、通信実験してみることにした。

友人の自宅から立山が見通せるかどうかは分からないのだが、ちょうどその友人が立山の見通せる、七尾市の富山湾に面したところに行く用事があるというので、そのタイミングにあわせてこちらもスタンバイ。お互いの連絡は携帯のチャットで行います。

さて結果は・・・。

先方にこちらの声はよく届いていると言うことだったのだが、こちらはノイズがひどくて、コールもなかなかコピーが難しい状況。

片方向だけよく届くと言うのも不思議なのだが、友人のほうはハンディ機だったようで、もしかしたら立山に信号が届いた段階ですでに信号が弱かったのかもしれない。

ともあれ、ちょっと装備を整えてやれば、立山レピータ経由で石川県~長野県の通信が出来るようです。ひょっとして、こちらから9エリア向けの「立山回折」なども出来るのかな?とも思っています。

2017年4月22日 (土)

朝からハム活

出勤前の10分~20分に、ちょっとだけワッチすることがある。これを個人的に「朝のハム活(動)」と呼んでいたのだが、なんと、そのものズバリの広告を発見。

Img_2801


2017年2月 1日 (水)

横手山、美ヶ原

冬になると空気が澄んで、遠くの景色がよく見えるようになる。

私の通勤経路からもいろいろなものが見えることに最近気づき、いくつか写真を撮ってみた。

■横手山

 志賀高原の横手山は、長野市内からよく見える山の一つ。時折、横手山の頂上付近に太陽の光を受けて光るものが見えることがあるので、天気の良い日に撮影してみた。

Img_7269s

これが引きの画面。

山の頂上付近を拡大すると、

Photo

鉄塔が3本建っているのがわかる。一番右の鉄塔はNTTの旧横手山無線中継所のものと思われ、その下の建造物はスキー場のロッジの模様。

■美ヶ原

上りの北陸新幹線に乗って長野を出発、長いトンネルを抜けて上田の盆地に出ると、右側に美ヶ原の平らな高原が見える。

Img_7241s

高原の中央付近が「王ヶ頭」と呼ばれているところで、ここには長野県内を広域でカバーするTV局の中継所群がある。拡大するとこんな感じ。

Photo_2

これだけたくさんの鉄塔があるのは、ちょっと不思議な景観。

2017年1月 3日 (火)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

例年正月は、雪に降り込められるのを避けるため、電車で帰省しています。したがって、帰省中のモービルからの運用はなし。

そんな中、地元で親戚や友人と会ったりしている間に、LoTWでのDXCCが250になっていました。セネガルの6V7SがLoTWに上げてくれたためですが、これは棚ボタでした。あとでステッカーを申請しようと思います。

■毎年恒例の振り返り

2016年末のDXCCの状況は、CFM/WKD=268/268でした。

2015年末がCFM/WKD=260/260でしたから、8upです。伸び悩んだ印象がありますが、意外に出来ていました。内訳を見ると以下のようになっており、4月までの間のペディションで稼いだものがほとんどです。

1月 HP、KH5

2月 7P

3月 3X

4月 VK0、FT#J、EP

9月 C8

 

今年は、ハイバンドが期待できないことから、40m~20m+17mでATNOをひとつでも多く取りつつ、80mのバンドニューに力を入れたいと思います。30mのDXCCも無事完成しましたので、残る80mに集中できそうです。(160mは無理して深追いしない)

80mは移動とアパマン環境で逆Lを試していますが、それと並行して、モービルホイップを使った1本ラジアルのマイクロバートも試してみようと考えています。

2016年11月23日 (水)

11月23日

今年の11月23日は雪になりそうな気配。

雪の11月23日と言えば、1978年の11月23日に行われたAMラジオの周波数変更に向けたNHKのキャンペーンCM「1123新ダイヤル」は、僕の中では何故か雪の記憶と共にある。窓の外に降る雪を眺めながら、テレビでしつこいくらいに流れていた「1123新ダイヤル」のCMを見ているという記憶。

地元新潟の過去の気象データを調べると、その年の11月の気温はそれ程低くないので、勝手な思い込みかもしれない。

youtubeにNHKのものではないけれど、その年の幾つかの民放の周波数変更の告知CMが上がっていた。ここに挙げたTBSはこのとき950KHzから現行の954KHzになった。相当な大キャンペーンを張っていたのがわかる。周波数変更を記念して池田満寿夫デザインの新ベリカード発行、なんていうレア情報も放送されていて面白い。

2016年9月23日 (金)

富山県南砺市(旧上平村 五箇山) JCC2810

今年のシルバーウィークは雨続きでまったく晴れ間がありませんが、台風一過を期待して、台風の行きすぎたタイミングを狙って、金沢、富山方面に行ってきました。

9月21日(水)は、まず北陸道の黒部ICへ向かい、黒部の「きときと寿司」へ。回転寿司のチェーン店なのですが、富山出身の知り合い一押しの回転寿司です。地物の甘エビなどは、甘エビってこんなに甘かったっけ?というお味で大満足。

そのあと再び北陸道で金沢に向かいます。

金沢は手前の「金沢森本IC」で降り、そのまま接続する「山側環状」道路で、市内の泉野方面へ向かいます。この「山側環状」、なかなかすごい道で、金沢市内にいくつかある山地や台地(卯辰山、小立野台地、寺町台地/野田山)をトンネルで貫通し、一気に野々市市方面へ抜けるというもの。しかも地上部の幹線道路とも接続するようになっており、近未来感がハンパありません。

泉野で用事を足したあとは、市内のホテルで一泊。

翌日(9/22・秋分の日)は、市内に住む無線にカムバックしたいと言う友人に会い、お古の10m釣竿を譲渡。

その後、再び北陸道に乗り、五箇山に向かいます。

小矢部砺波JCTで北陸東海道に入り、連続する長いトンネルをくぐり抜けると突然山奥に抜け出ます。そこが五箇山IC。

ICからすぐの「菅沼集落」の駐車場にクルマを停め、そこからエレベータで集落へ降ります。するとこんな風景が。

Img_0887s

Img_6713s

Img_6724s_2

あいにくの小雨でしたが、かえって山里の雰囲気を感じられたような気がします。

合掌造りの集落というと岐阜の白川郷のほうが規模も大きくて有名なのですが、あちらは有名な分、観光客も多くて、私は静かな五箇山のほうが好きです。

帰り道は、再び北陸道に戻って、上越経由で長野へ戻りました。

五箇山から高山方面に向かい、安房トンネルを通って松本へ抜ける方法もあるのですが、天気も悪く、山道となるので、今回は無難なルートで戻りました。

2016年8月19日 (金)

モービル環境構築3

帰省から帰ってきて、再びモービル環境構築を再開。

前回の作業以降の変更点は以下の通り。
・デュープレクサを接続
 HF-50MHzと140-470MHzを分離するデュープレクサを購入。
 これをリグとアンテナの間に入れることで、アンテナを付け替えれば即QSY可能にした。

・バッテリを交換
 秋月電子から12V22Ahのシールバッテリを購入したので、今まで使用していた9Ahのものと交換。通常のDX移動運用時にせめて2時間くらい持ってくれるとよいのだが。
 *  *  *
 12A22Ahのバッテリに交換して、ためしに50W送信(CWのキーダウン)をしてみたところ、受信時12.7V程度だった電圧が11.9Vまで低下。ただ、この状態でもパワーは50W出ていたので、FT-857は案外12V電源でも大丈夫なのかも。(電圧はリグのディスプレイ値を読み取り)
 デュープレクサによるSWRの変化は、若干あるもよう。HFのほうはあまり気にならないが、430はアンテナ直結の場合とかなり違う。ただ、430はSWRメータがなくて、リグの簡易SWR表示でしか分からないので、実際どのくらいなのかは不明。

2016年7月28日 (木)

モービル環境構築2

先月から少しずつはじめたモービル環境構築の、その後です。

課題となっていた、無線機本体の設置場所ですが、荷室の片隅に置くことにしました。

Img_6488s

無線機は何かの箱の上に乗っていますが、この箱は何かと言うと、

Img_6491s

シールバッテリ(12V9Ah)を入れた「タッパー」です。

本当はタッパーなどより、もっとしっかりしたプラスティック製工具箱のようなものが良かったのですが、今後この中に入れるバッテリーのサイズなどを考えると(もっと大型のものを予定)、適当なものがありません。そこで、この米びつ用「タッパー」を使うことにしました。

さて、上の写真の左側になにやら機械が付いています。

Img_6489s

これは、「サブバッテリー用充電器」です(セルスター社の「IS-330」)。一般的にはアイソレータと呼ばれているようですが、荷室にあるシガーソケットから電力を取り、走行中に少しずつバッテリーを充電するための装置です。

このバッテリー用充電器には出力端子も付いていて、バッテリーからの電力供給も出来ます。12Vで30A流せますので、50W送信でも大丈夫です。

無線機本体から運転席付近へは、コントロールパネルの線と、マイク、電鍵のケーブルを延ばしています。マイクと電鍵の線は、シートベルトのあたりに巻きつけてあります。

Img_6492s

シートのデザインがいまいちアレなのはご愛嬌(このデザインしかなかったのです)。

今後の課題としては、

・デュープレクサーの導入

 (FT-857はHF/50と144/430のアンテナコネクタが別になっているので)

・大型バッテリの導入

 (12V9Ahでは心もとないので)

・12V⇒13.8Vコンバータの導入

 (すでに中国製の安価な製品を購入済み)

というところを考えています。

2016年6月25日 (土)

モービル環境構築

今日のコンディションは「SFI=76 SSN=0 A=12 K=1」で、またもや黒点ゼロ。

こんな状況ですので運用はせずに、長いことためらってきた「モービル環境構築」をやってみました。

なぜ長いことためらっていたかと言うと、

 ・車の中は出来るだけ片付いた状態にしておきたい。

 ・車にキズはつけたくない。

という思いが強かったからです。

しかし、無線をはじめて34年、クルマに乗り始めて21年になるというのに、一度もモービル環境を持たないのはいかがなものか。その潔癖症?のせいで、何か楽しみを犠牲にしていないか、という風にも思い始め、工夫をしながらやってみることにしました。

■操作パネルホルダー

私の車載機はFT-857ですので、操作パネルが外れます。これをエアコンやカーステレオと同じならびに設置するためのホルダーを作りました。

Img_0689

厚さ10mmの板に、L字金具を使って、セパレーションキット(YSK-857)の部品のひとつであるプラスティック製ブラケットを取り付けました。そうすると写真のように、操作パネルが固定できます。

さて、ダッシュボード側はこんな風になっています。

Image1

KENWOODのカーステレオの下には空のDIN-BOXが取り付けてあります。このDIN-BOXの中にドライブレコーダ(左)と、ETC車載機を取り付けてありますが、これら二つの装置の下に厚さ10mmほどの隙間があるのです。この隙間に先ほどの板を差し込むと・・・

Img_0685

こんな風に操作パネルが固定できました。

これで車に傷をつけずに、めでたくモービル環境が出来た!と言いたいところなのですが、無線機本体を固定する場所が見つかりません。今はこんな状態です。

Img_0686

VUならともかく、HFのモービルホイップは交換するたびにSWRを確かめたいので、SWRメーターもクルマに常設したいもの。また、電源はバッテリ直結ですので、何かの拍子で無線機の電源が入って、バッテリ上がりを起こしても困ります。ということで、本体の設置方法は今後の課題です。なにかうまい方法はありませんかね。。。

2016年5月22日 (日)

ベランダ問題

私は5年ほど前からのこのアパートで運用をしています。3階建て鉄筋の最上階であることから、ベランダをうまく使うと、上空に向かってまっすぐ立てた10m長バーチカルや、6mのHB9CV程度ならばビームも設置できる環境にあります。

引っ越してきた当初はベランダは「洗濯物干し場」および「アンテナ設置場所」としての機能しかなかったのですが、昨年くらいからXがガーデニングを始め、いまや「洗濯物干し場」および「花壇」、そして「アンテナ設置場所」という状態になっています。

Veranda

左の黒い箱がATU(CG3000)、棒状のものが10m釣竿。

現状、10m釣竿アンテナは問題なく使えるものの、6mHB9CVの設置は厳しく、釣竿を活用して時折仮設していた「一本ラジアルのGP」も、ラジアルを展開する先が鉢の置き場になってしまったので、最近は使いにくい状態です。

そして一番問題なのは、Xが苗の植え替えなどでしばしばベランダで作業をすることで、電磁波防護の観点から、Xの作業中は電波が出せません。

ということで、最近はワッチをしながら、ここぞと言うときにXに屋内退避してもらったり(苦笑)、その間は私のほうが移動運用に出たりしています。

昔に比べるとベランダもにぎやかになり、それはそれでよいのですが、ベランダというのは集合住宅における数少ないフリースペースなので、いろいろなものと競合し易く、アパマンの悲哀を感じているところです。

より以前の記事一覧