無料ブログはココログ

DX

2017年12月 3日 (日)

80m、160m

今日は、掃除と買い物と床屋と片付けて、なんとか夕方から運用の時間を捻出。

18時から18mポールでローバンドを物色してみました。

SpiderBeamの18mポールには、ポールの落下防止用に、水道・ガスの工事で使うような金属製のバンド(ドライバで締め上げるもの)が付いているのですが、これがなかなか使いにくく、設営に手間が掛かるのです。そこで、今回、「リピートタイ」を活用を考えました。金属製のバンドの代わりに、ゴムのホースにリピートタイを通したものを使って、ポールの落下止めとするのです(写真がなくてすみません)。

効果のほどは分かりません。なにせ実際に落下するような状況にならないと、そのバンドで踏ん張れるかどうかが分からないので。でもそこそこ締め上げの力もあるように思います。

さて、80mバンドですが、設営するといきなりLA1MFAのCQが聞こえてきて、さっそくQSO。ただ、この局とは自宅アパマンの10m釣竿でもできています。

そのあと、ARRL160mをやっているので、160mを聞いてみました。

WJ9B、K5NA、NA7TB、KL7SB、XO1X、W2VJNなどが聞こえました。ただ、どの局もこちらの電波は届きませんでした。空振りCQでも拾ってもらえません。

18mポールにして、確かに耳は良くなりました。しかし電波が飛ぶかと言うと、そうでもなさそう。

2017年11月25日 (土)

J5T 20m SSB WKD ほか

アフリカ方面のペディション(J5Tと9G5W)があるので、久しぶりに移動。

ただ気になるのは、今週末はWWコンテスト(CW)開催中であること。クラシックバンドに出てきても20mのSSB、ともするとWARCバンドの30mしか出てこないかも。そうなるとアンテナの選択が悩ましい。

■J5T

夕方15時過ぎに近所の河川敷で20mの八木を設営し、クラスターを見ると、やはりJ5Tは30mのCWに出ている。20mの八木でも信号は聞こえる。慌てて八木を下げ、10m釣竿バーチカルにするが、ほどなく信号が弱くなってしまった。あきらめてもう一度八木を上げて、9G5Wあたりが出てこないかと待つ。

J5Tはその後20mRTTYに出てきて、さらにその後すぐSSBに出てきた。

SSBはup5の一点取り。up10で拾われる人はいない。空き周波数を探す手間がないのはよいが、これは弱肉強食。お客さんが居なくなるまで待たねばならない。しかしJ5Tを運用するItalian DX Teamの皆さんは、コンスタントにパイルをさばいて、17時を過ぎる頃にはかなりお客さんが減った。そのタイミングで呼んだらフルコールが返って来ました。ギニアビサウはATNO。

■80m 18m釣竿デビュー戦

J5Tが出来たところで、今度は春先に購入した18m釣竿で、80mがどれほど聞こえるものか、お試し。

結果からいうと、ZF9CWがたぶん出来ました(コンテストなのにup指定だった)。TI7Wも出来ました。いずれもバンドニュー。やっぱり18mあるとそれなりに信号が聞こえて来ます。しかし上記2局以外はカスカスレベル。

ATUで調整して40mも聞いてみましたが、こちらは9Y4/VE3EYがかろうじて聞き取れるレベル。

しばらくこのアンテナで運用をしてみます。

2017年11月14日 (火)

9U4M 30m,40m HRD

11/13(月)、出勤前に9U4Mが聞こえるかどうかワッチ。この日は30mのCWに出ていた。

7時前から7時半頃まで聞いていたが、7時頃はしっかり聞こえていて、パイルに参加。しかしリターンポイントは大体分かるものの、コールバックは無し。その後7時20分頃になると信号も弱くなってしまい、7時半にもなるとほとんど呼べる状態ではありませんでした。ともあれ、ベランダの釣竿バーチカルでもまずまず聞こえていてよかった。

翌11月14日、やはり7時前後を狙ってワッチ。この日は40mのCWに出ていた。昨日の30mよりは弱いが、聞き取れるレベルではあるので、一応パイルに参加。しかしパイルは厚く、応答は無し。

明日からは二泊三日で栃木へ出張。帰ってくるのは17日の夜なので、日本時間の18日の朝にチャンスがあるかどうか。

2017年11月 8日 (水)

VK9MA 17/12/15/20C WKD

今日の午前中は持病の通院。その後、昼食の前後にVK9MA狙いでワッチ。

今朝の3C1Lのあと、17mで聞こえていたVK9MAは既に片付けていたので、日中はそれ以外のハイバンドを狙いました。

まず正午過ぎに12mで弱く聞こえていたのを、しばらくの間呼んでWKD。一休みしている間にRBNに15mのスポットが上がったので、すかさず呼びに行って、お客さんが集まる前に片付けました。

昼食後、ほぼリアルタイムで更新されているVK9MAのclublogを見ると、先ほどの12mのQSOがない。これはNILになってしまったかと、再度呼んで、今度は確実にWKD。やれやれと一休みしていたら、今度はRBNに20mのスポットが上がったので、これもお客さんが来る前に片付けました。

さて、12mのlogですが、後からやったほうもなかなかアップされない。15mや20mのQSOはアップされているのに、です。他の人もそうらしく、クラスタにも「pirateだ!」と言い切る人らも出る始末。

でも夕方再度確認してみたら,12mのQSOがちゃんと2つアップされていました。単にアップロードがうまく行かなかっただけみたいです。

3C1L 30C WKD

今朝は代休。5時半頃目が覚めたので3C1L狙いでシャックへ。

今日はこれといって何も聞こえず、160mでHL5IVLとかBG2AUEがCQを出しているのが聞こえる程度。

 

クラスタやRBNによると、3C1Lは10119に出ているようなのだが、まだこちらでは聞こえない。

しかし6時半頃になるとDXscapeにJAからのレポートが上がる。ダイヤルを合わせると何か居るような気配がする。

6:40頃になると信号が上がってきて、私のアパマン環境でも聞こえるようになる。そこでパイル参戦。

それからどんどん信号が強くなって、57くらいの強さで入感。フィルターを絞り込まずとも300Hz~500Hzくらいでよく聞こえる。

up10前後で呼ぶこと数分、7時前になってやっとリターンあり。.up11だった。

赤道ギニアはATNO。昨日に続き2日連続でニューが増えた。

2017年11月 7日 (火)

9H1XT 40C WKD、VK9MA 30C撃沈

今朝(11月7日朝)は6時過ぎから、3C1L狙いで30mをワッチ。

clunblogの実績を見ると、5時台か、7時~8時台がよさそうなのだが、今の私の生活では、6時台~7時台でのワッチが現実的。

狙っていた3C1Lは残念ながらその時間出ていなかった。しかし、40mで9H1XTがコンスタントにパイルをさばいていた。9Hは未交信なので呼びに回る。

はじめのうち、ATUの調子が悪くてなかなかチューニングが取れず、何度か電源OFF/ONを繰り返したので非常に焦ったのだが、6時半前にようやくチューニングが取れた。

パイルの山が小さいときがあり、そのときに「JR9ERG」的な応答が返った。何度か訂正して無事ログイン。マルタはATNO。

 

夜は帰宅後、18時台にVK9MAの30mを狙いにワッチ。

日本の夜はおおむねNA・EU指定になってしまうので、少し早めの時間帯を狙ったのだが、JA数局とやった後、すぐにNA指定になってしまった。

夕食後も断続的にワッチ。今日のOPはNA/EU指定をあまりしなかったのでJAも含めたオープン戦になっていた。しかし、SDRで見ると、EUではUP5KHzくらいまで火柱がたっており、なかなか拾ってもらえません。結局23時を過ぎた現在も交信には至らず。

メリッシュリーフは160/80/40、20/17mを持っているので、残すは30mとハイバンドなのですが、大陸指定でいろいろ制約を受けそう。

2017年9月22日 (金)

5T5OK 聞こえず

秋の気配も強くなってきたので久々にDXを再開。

9/21(木)の午後は午後から休みにしたので、所用を足したあと、16時半からワッチ開始。

クラスターによれば、ちょうど5T5OKが30mと40mに出ているようだったので、とりあえずベランダ釣竿で聞いてみる。

今回の運用は「100W」運用と聞いていたので、本当に聞こえるのだろうかと半信半疑だったが、やはり聞こえなかった。蚊の鳴く気配すらない。ただupの周波数で呼んでいる局が聞こえるだけ。

無理だろうとは思ったが、そのあと近所の河川敷に行ってバーチカルを張ってみたが、やはり聞こえない。5T5OKは無理かも。

ところで、モービルに設置してあるFT-857DMのノイズは相変わらずひどい。CWではナロ-フィルターを聞かせているせいかそれほど気にならないが、SSBではずっとバリバリというノイズがS9で聞こえている。どのバンドでも状況は変わらない。

思いついて、過去にYouTubeにあげた動画(HK0NAやZD7FTをFT-857で受信している様子)を見てみたが、過去動画ではこんなにひどいノイズは聞こえていない。

このリグは確か2007年のカムバック直後に購入したもの。(カムバック時のリグは現在固定で使用しているTS-480)。10年たって経年劣化したのか、はたまたずっと温度差の激しい車内においておいたのが悪かったのか・・・。秋のDXシーズンを前に手を打たなくては。

2017年7月23日 (日)

7月22日 9Q6BB 18MHzCW HRD

6月の中旬以降、DXから遠ざかっています。

7月に異動があり、6月はそれに向けて、やりかけの仕事をある程度の形になるまで急いで進めていました。単純にその状態でそのまま引き継げば良い、とならないのがつらいところです。

7月になればなったで、新しい職場での新しい仕事が待っており、まだ不慣れなので、家に帰ってきても、なかなか無線機に向かう気になれませんでした。

新しい職場までは歩いて30分ほど。6年続いた長距離通勤から解放されたものの、電車の中で過ごす時間が会社にも家にも束縛されない「息抜き」になっていたことにも気づき、会社と家がほぼ直結しているような現在の状態は、思っていたほど気楽ではありませんでした。

9Q6BBは週末になるとオンエアしてくるのは知っていましたが、今後3年間は現地に居ると言うし、身の回りも落ち着かなかったので、ずっとスルーしていました。

それでもそろそろ気になって、スポットが上がったのを契機にちょっとワッチしてみました。

22日(土)の21時半くらいに聞いたときはまだ微かな信号で判別も難しかったのですが、時間が遅くなると信号も強くなり、22時台は釣竿バーチカルでも十分な強さになりました。

ラバースタンプよりも長めのQSOをしているのでなかなかコールできないのと、コールしてもすぐに応答してくれないので、なかなかチャンスが回ってきません。誰も呼んでいないような状況で呼んでも応答がもらえず、またCQに。耳が悪いのか現地のノイズレベルが高いのか、それほど大きなパイルではないのに難しそうです。

秋になって、移動用の八木を使って夕方の明るい時間に狙える季節になるまで、しばらくお預けかもしれません。

2017年6月 3日 (土)

TN5E 15C WKD

夕食の片付け後、21時過ぎからワッチ開始。TN5Eもそろそろおしまいなので、なんとか1交信行きたいところ。

21:30過ぎにRBNにTN5Eのレポートが上がっているのに気づき、その周波数に行ってみると、ご本尊が539くらいで聞こえていました。まだパイルも小さかったのでup1.2くらいから呼び始めましたが、まったく応答が返らず、そのうちに次第にパイルが大きくなってしまいました。

その後何度かQRXをはさみつつずっと呼んでいましたが、リターンポイントは追えているものの、完全に呼び負けをしています。

リターンポイントドンピシャで呼んでみたり、空いてそうな周波数で呼んでみたり、周波数の動くクセに合わせて少しずらして呼んだりしていましたが、まったくダメ。ご本尊の信号は次第に強くなって599で聞こえているのにこれは悔しい。

しかしそのうち少しお客さんが減ってきたのか、23時前になってリターンポイントドンピシャから少しずらして呼んでみたら「JR」で応答が返りました。その後フルコールをコピーしてもらって、無事WKD。久々のATNO。今回は苦労しました。

2017年5月29日 (月)

E31A 撃沈に終わる

5月28日(日)は夕方、E31A狙いで河川敷に移動。風が強かったので3エレ八木を6mHにあげて待機。

分かってはいたが、15mでE31Aの信号が聞こえ始めたのは19時過ぎ。

19時半まで粘ったが、明日の予定もあるし、夕飯には家に戻らないといけないので撤収。

夕食後、ベランダの釣竿バーチカルでワッチするが信号は弱い。最後なのでアンテナを2エレのVDAに変えたらようやくまともな信号に。しばらく不安定な入感だったが、23時頃に一旦QRXした後、急に信号が強くなる。599。

これは誰かのいたずらでは?と思っていたが、真面目にパイルをさばいているし、指定無視が続くと「PSE LSN」を連打して怒っている。これは本物かもしれない、とパイルに参戦。

信号は国内局のように強力なのだが、なかなか拾われない。0エリアの局もどんどん拾われていくが自分には順番が回ってこない。

そんな感じで時間が過ぎ、5/29の0時半ころ、信号も少し弱くなったのであきらめてQRT。

この日はTN5Eも9Q6BBもよく聞こえている「アフリカの日」だったが、まったく実績が上がらなかった。

今日5/29の21JにはE31Aは運用を終了しているようなので、今回はボウズという結果になった。

より以前の記事一覧