無料ブログはココログ

DX

2017年9月22日 (金)

5T5OK 聞こえず

秋の気配も強くなってきたので久々にDXを再開。

9/21(木)の午後は午後から休みにしたので、所用を足したあと、16時半からワッチ開始。

クラスターによれば、ちょうど5T5OKが30mと40mに出ているようだったので、とりあえずベランダ釣竿で聞いてみる。

今回の運用は「100W」運用と聞いていたので、本当に聞こえるのだろうかと半信半疑だったが、やはり聞こえなかった。蚊の鳴く気配すらない。ただupの周波数で呼んでいる局が聞こえるだけ。

無理だろうとは思ったが、そのあと近所の河川敷に行ってバーチカルを張ってみたが、やはり聞こえない。5T5OKは無理かも。

ところで、モービルに設置してあるFT-857DMのノイズは相変わらずひどい。CWではナロ-フィルターを聞かせているせいかそれほど気にならないが、SSBではずっとバリバリというノイズがS9で聞こえている。どのバンドでも状況は変わらない。

思いついて、過去にYouTubeにあげた動画(HK0NAやZD7FTをFT-857で受信している様子)を見てみたが、過去動画ではこんなにひどいノイズは聞こえていない。

このリグは確か2007年のカムバック直後に購入したもの。(カムバック時のリグは現在固定で使用しているTS-480)。10年たって経年劣化したのか、はたまたずっと温度差の激しい車内においておいたのが悪かったのか・・・。秋のDXシーズンを前に手を打たなくては。

2017年7月23日 (日)

7月22日 9Q6BB 18MHzCW HRD

6月の中旬以降、DXから遠ざかっています。

7月に異動があり、6月はそれに向けて、やりかけの仕事をある程度の形になるまで急いで進めていました。単純にその状態でそのまま引き継げば良い、とならないのがつらいところです。

7月になればなったで、新しい職場での新しい仕事が待っており、まだ不慣れなので、家に帰ってきても、なかなか無線機に向かう気になれませんでした。

新しい職場までは歩いて30分ほど。6年続いた長距離通勤から解放されたものの、電車の中で過ごす時間が会社にも家にも束縛されない「息抜き」になっていたことにも気づき、会社と家がほぼ直結しているような現在の状態は、思っていたほど気楽ではありませんでした。

9Q6BBは週末になるとオンエアしてくるのは知っていましたが、今後3年間は現地に居ると言うし、身の回りも落ち着かなかったので、ずっとスルーしていました。

それでもそろそろ気になって、スポットが上がったのを契機にちょっとワッチしてみました。

22日(土)の21時半くらいに聞いたときはまだ微かな信号で判別も難しかったのですが、時間が遅くなると信号も強くなり、22時台は釣竿バーチカルでも十分な強さになりました。

ラバースタンプよりも長めのQSOをしているのでなかなかコールできないのと、コールしてもすぐに応答してくれないので、なかなかチャンスが回ってきません。誰も呼んでいないような状況で呼んでも応答がもらえず、またCQに。耳が悪いのか現地のノイズレベルが高いのか、それほど大きなパイルではないのに難しそうです。

秋になって、移動用の八木を使って夕方の明るい時間に狙える季節になるまで、しばらくお預けかもしれません。

2017年6月 3日 (土)

TN5E 15C WKD

夕食の片付け後、21時過ぎからワッチ開始。TN5Eもそろそろおしまいなので、なんとか1交信行きたいところ。

21:30過ぎにRBNにTN5Eのレポートが上がっているのに気づき、その周波数に行ってみると、ご本尊が539くらいで聞こえていました。まだパイルも小さかったのでup1.2くらいから呼び始めましたが、まったく応答が返らず、そのうちに次第にパイルが大きくなってしまいました。

その後何度かQRXをはさみつつずっと呼んでいましたが、リターンポイントは追えているものの、完全に呼び負けをしています。

リターンポイントドンピシャで呼んでみたり、空いてそうな周波数で呼んでみたり、周波数の動くクセに合わせて少しずらして呼んだりしていましたが、まったくダメ。ご本尊の信号は次第に強くなって599で聞こえているのにこれは悔しい。

しかしそのうち少しお客さんが減ってきたのか、23時前になってリターンポイントドンピシャから少しずらして呼んでみたら「JR」で応答が返りました。その後フルコールをコピーしてもらって、無事WKD。久々のATNO。今回は苦労しました。

2017年5月29日 (月)

E31A 撃沈に終わる

5月28日(日)は夕方、E31A狙いで河川敷に移動。風が強かったので3エレ八木を6mHにあげて待機。

分かってはいたが、15mでE31Aの信号が聞こえ始めたのは19時過ぎ。

19時半まで粘ったが、明日の予定もあるし、夕飯には家に戻らないといけないので撤収。

夕食後、ベランダの釣竿バーチカルでワッチするが信号は弱い。最後なのでアンテナを2エレのVDAに変えたらようやくまともな信号に。しばらく不安定な入感だったが、23時頃に一旦QRXした後、急に信号が強くなる。599。

これは誰かのいたずらでは?と思っていたが、真面目にパイルをさばいているし、指定無視が続くと「PSE LSN」を連打して怒っている。これは本物かもしれない、とパイルに参戦。

信号は国内局のように強力なのだが、なかなか拾われない。0エリアの局もどんどん拾われていくが自分には順番が回ってこない。

そんな感じで時間が過ぎ、5/29の0時半ころ、信号も少し弱くなったのであきらめてQRT。

この日はTN5Eも9Q6BBもよく聞こえている「アフリカの日」だったが、まったく実績が上がらなかった。

今日5/29の21JにはE31Aは運用を終了しているようなので、今回はボウズという結果になった。

2017年5月26日 (金)

E31A 連日撃沈

今週はほぼ毎晩E31Aを追いかけていますが、連日撃沈。

我が家のベランダ釣竿でも20C、17S、15Sで良好に入感しているのですが(でも55くらいかな。20Cが一番しっかりしてて579くらい)、お客さんがまだまだ多く、順番が回ってきません。

今度の週末も予定が入っていてあまり無線にかまける時間はないので、これは連日連夜のコツコツ作戦で行くしかないか・・・。

2017年5月19日 (金)

VU7KP 20S HRD, E31A? 40C HRD

5月18日の夜23時台にVU7KPの20Sのスポットが上がっていたので、ワッチしてみたら、十分な強さで聞こえていて、参戦。

しかし、呼べども呼べどもで、途中からoutsideJAでNAとVK/ZLタイムになってしまい、しばらくおあづけ。

5月19日に日付が変わったころ、何気なくRBNの画面を見ると「E31A」の文字が。

さっそくその周波数に行ってみると、E31AがCQを出しているではないですか。

慌ててUP1に設定して呼びますが、CQ連呼で応答がない。時折「?」が返ってくるのですが、すぐにまたCQになってしまいます。そんな状態が2.3分続いて、結局どこかに行ってしまいました。

ニュースではE31Aの運用は5/19から、と言うことになっているので、日本時間の5/19の0時頃と言うのはまだUTCでは18日です。あれはパイレートだったのか、それとも本物の試験運用だったのか・・・。

2017年5月 1日 (月)

HV0A 20m HRD

今日は断続的にHV0Aが入感していた模様。夕方はワッチしても殆ど分からない状態だったが、23時過ぎに聞いてみたら、539くらいの信号で聞こえている。

さっそくパイルに参戦するも、WebSDRを見る限り"柱”が建っていて太刀打ちできそうにない。

それでも23時20分頃になるとJA0エリアの局にリターンが返りはじめる。もちろん信号も559くらいまで上がってきて、ひょっとして?という気になってきた。

しかしその後QRXになってしまい、再び出てきたときには信号も幾分弱くなってしまっていた。

そして0時前、いつの間にかフェードアウト。RBNにもレポートが上がっていないからQRTしてしまったのだろう。バチカンはなかなか出来ません。

2017年4月28日 (金)

5V7P 空振り続き

5V7Pの運用も終盤に入ったので、そろそろ追いかけを開始。狙いは朝の30m。

●4/26(水)

 出勤前の20分ワッチ。

 6:40Jくらいにベランダの釣竿アンテナを伸ばして、クラスタを頼りに30mの信号を探していたところ、高速CWでかすかに「***P UP」と打っている局がいる。たぶんこれだ。もう少ししっかり聞いてコールを確かめようと思ってしばらくその周波数をきいていたが、一向に出てこない。

RBNのほうも2142Z=0642Jを最後に30mのレポートが止まってしまった。

その後10分ほどして160mあたりでレポートが上がった。ローバンドにQSYしてしまったようなので、あきらめて出勤。

●4/27(木)

 この日も出勤前20分ワッチ。

 昨日と同じように6:40くらいから聞いていたが、出てくる気配がない。RBNのレポートも6:10Jで止まっている。結局7:00Jまで運用が始まることはなく、あきらめて出勤。

●4/28(金)

 昨日、一昨日の経験から、6時より前の時間帯でないといけないと思い、5:30Jからワッチ開始。ところがこの日も7:00まで運用なし。なかなか毎日同じ時間帯には出てきてくれません。

ということで、5V7Pに関しては、4/26朝のわずか2分ほどの間に、それらしき信号を聞いたのみ。5Vは出来ればATNOですが、4/29には撤収を開始するようですし、無理っぽい。

●おまけ 4/28夜 A25UK 20mWKD。

帰宅後、クラスタに17mの5V7Pのレポートが上がったので急遽ワッチ。でも殆ど何も聞こえない。

そんな時何気なくRBNを見ると、A25UKのレポートが上がった。ためしにその周波数に行ってみるとCQを出しているA25UKを発見。急いでATUのチューニングを取ってup1.1で呼んだら、フルコールが返ってきました。A2はATNOではありませんが、20mはバンドニュー。まだパイルになる前だったので滑り込めました。

2017年3月23日 (木)

9G5X 40m HRD, S21ZEE 80m missed

3月21日朝。

9G5Xはほぼあきらめてはいたのだが、あきらめていては、できるもの出来なくなると思い、朝出勤前の20分ワッチ(6:40~7:00)。

この日9G5Xは40mCWで良好に入感していて(初めてまともな信号を聞いた)、さっそく呼びに回ったが、まだまだJAの需要を満たしていないのは明らかで、あえなく時間切れ。

3月22日夜。

23時台にS21ZEEが3526で入感。時間が遅くなるにつれ信号が強くなり、23:30頃には579くらいで聞こえていた。アンテナをフルサイズの折り返しバーチカル(逆Lに近い)にして呼び続けるが、相手の聞いている周波数は追えているのに、いつも呼び負ける。

しかしそのうちお客さんが少なくなったのか、「JR0?」と返ってきた。

これは自分に違いないので、何度か自コールを繰り返すが、どうしてもサフィックスがコピーできないようで、「JR0.JR0」を繰り返す。こちらも一生懸命、自コールを3回繰り返してはスタンバイをする。しかし、「JR0G」までは拾ってくれたものの、さすがに3分くらいそんなやり取りが続いたせいか、あきらめられたようで、再びCQに戻ってしまった。

これは手痛い取りこぼし。もう一度80mでチャンスがあるかなあ。

2017年3月19日 (日)

9G5X almost NOT HRD

TU、5Uと出来た勢いを駆って、9G5Xにチャレンジするため、3/18夕方、再び移動をかけました。

クラスタに30mのレポートが上がったので、まず最初にバーチカルを建ててみたのですが(この日はRDPの準備はなし)、まったく聞こえません。

そのうち、14275でレポートが上がったので、20mの3エレ八木を設営。この日は風もないので、8mHまでリフトアップ。

LP方向にアンテナを振ってワッチすると、時折「59」とか言っている声がノイズの中から聞こえます。しかしそれ以上に信号が強まることはありません。おそらくこれが9G5Xだと思うのですが、ほとんど聞こえないと言っていいレベルです。

9G5Xの交信実績についてはclublogの統計情報で見ていましたが、JAとの実績は極めて少なく、そもそもあまり期待はしていなかったのですが、やっぱりな、というのが正直なところ。

そんなわけで、まだ明るさの残る18時過ぎには撤収を開始しました。

より以前の記事一覧