無料ブログはココログ

DX

2017年3月23日 (木)

9G5X 40m HRD, S21ZEE 80m missed

3月21日朝。

9G5Xはほぼあきらめてはいたのだが、あきらめていては、できるもの出来なくなると思い、朝出勤前の20分ワッチ(6:40~7:00)。

この日9G5Xは40mCWで良好に入感していて(初めてまともな信号を聞いた)、さっそく呼びに回ったが、まだまだJAの需要を満たしていないのは明らかで、あえなく時間切れ。

3月22日夜。

23時台にS21ZEEが3526で入感。時間が遅くなるにつれ信号が強くなり、23:30頃には579くらいで聞こえていた。アンテナをフルサイズの折り返しバーチカル(逆Lに近い)にして呼び続けるが、相手の聞いている周波数は追えているのに、いつも呼び負ける。

しかしそのうちお客さんが少なくなったのか、「JR0?」と返ってきた。

これは自分に違いないので、何度か自コールを繰り返すが、どうしてもサフィックスがコピーできないようで、「JR0.JR0」を繰り返す。こちらも一生懸命、自コールを3回繰り返してはスタンバイをする。しかし、「JR0G」までは拾ってくれたものの、さすがに3分くらいそんなやり取りが続いたせいか、あきらめられたようで、再びCQに戻ってしまった。

これは手痛い取りこぼし。もう一度80mでチャンスがあるかなあ。

2017年3月19日 (日)

9G5X almost NOT HRD

TU、5Uと出来た勢いを駆って、9G5Xにチャレンジするため、3/18夕方、再び移動をかけました。

クラスタに30mのレポートが上がったので、まず最初にバーチカルを建ててみたのですが(この日はRDPの準備はなし)、まったく聞こえません。

そのうち、14275でレポートが上がったので、20mの3エレ八木を設営。この日は風もないので、8mHまでリフトアップ。

LP方向にアンテナを振ってワッチすると、時折「59」とか言っている声がノイズの中から聞こえます。しかしそれ以上に信号が強まることはありません。おそらくこれが9G5Xだと思うのですが、ほとんど聞こえないと言っていいレベルです。

9G5Xの交信実績についてはclublogの統計情報で見ていましたが、JAとの実績は極めて少なく、そもそもあまり期待はしていなかったのですが、やっぱりな、というのが正直なところ。

そんなわけで、まだ明るさの残る18時過ぎには撤収を開始しました。

2017年3月17日 (金)

5U5R 20m CW WKD

Img_1218


今日は代休でお休み。

3/11(土)の出勤が決まったとき、アフリカ方面のいくつかのペディションが終盤を迎える頃に代休を取るのが得策、と思ってこの日にしておいたのだが、正解だった。

15時頃、いつもの移動先に着いて、20mの3エレ八木と、30mのRDPの両方を準備。RBNを見ると5U5Rが30mと20mでレポートが上がり始めた。アンテナをひっかえとっかえしながらどちらの信号がよく聞こえるのか確認していたが(風が強かったので、しんどかった・・・)、そのうち20mのほうが信号が強くなってきたので、最終的に八木に固定。

アンテナの向きは、SPとLPではあまり差を感じなかったのだが、LPのほうが若干強い感じ。そこで、LPに向けてパイルに参戦。

リターンポイントは比較的分かり易く、100-200Hzくらいの刻みでup1~4KHzのあいだを上がったり下がったりしている。時折強い信号の局がいると一点取りをする。そんな感じで1時間ほど呼んでいたが、18時過ぎ、「JA0LG」みたいな信号が聞こえて、自コールを打つも、なかなか相手がコピーしてくれない。5,6往復くらいしてやっとフルコピーをもらえた。こちらの弱い信号を粘って拾ってくれたのには感謝。NigerはATNO。

それにしても今日は風が強くて、ジュラルミンポールも6m程度しか上げられなかった。どんなに踏ん張ってもそれが限度。しかもロックピンでロックされるまできちんと上げられずに、リングネジだけで保持している状態。明日は筋肉痛確定。

2017年3月15日 (水)

TU7C 40m CW WKD

今朝も、6:40~7:00の出勤前20分ワッチ。

7033でTU7Cが聞こえていたが、いまひとつ信号は弱い。QSOもレートも悪く呼ぶタイミングがつかめない。

しかし一度QRXして、再び出てきたときにはしっかりした信号になっていた。そこで適当にup2.6で呼んでみたら「JR0IVO 599」と送ってきた。自局ではないが、少し気になってスタンバイして耳を澄ませていたら、「JR0」と来た。コレは自分だと思い、自局のコールを1回だけ送ったら、ちゃんとフルコールが返ってきました。

Cote d'IvoireはATNO。そして今年初めてのATNO。先日のTU5MHのリベンジが出来ました。

2017年3月14日 (火)

5U5R 30m,40m, HRD

3/14(火)は、朝の出勤前に少しだけワッチ。

6:40~7:00の間だったが、7004と10104で5U5Rの信号を確認。

両バンドとも聞こえてはいるが、ATTなどで調整してやらないと信号が判別できず、ちょっと苦しい。呼んではみるがまだお客さんも多く、空振りCQが出るくらいにならないと厳しい感じ。

14290にTU7Cも出ていたみたいだけど、こちらのほうは「何か居る」程度しか分からない。

2017年2月17日 (金)

TL8TT 40S HRD, V31s WKD

2/14(火)は通院のため午前休み。

医者は近所で、9時からなので、朝のワッチの時間は十分取れます。TL8TTを狙う最後のチャンス。

この日TL8TTは7088で出ていたようなのですが、日が昇るような時間になるとこの辺の周波数はJAの国内QSOが出てくるわけで、この日もどこかのグループのロールコールが始まっていて、完全にTL8TTの信号がつぶされていました。かろうじて、会話の会話の間から、弱い信号が聞こえてくる程度。

TL8TT狙いの局がQSYを促していましたが(「朝から使っているよ」程度の促し)、あまり効果はありません。

そんなわけで、TL8TTは一つも出来ずに終わりました。

自宅アパマン環境では信号も弱かったし、阻害要因がなくても出来なかったかもしれません。

8時過ぎくらいから、他にできそうな局はいないかと探していたところ、15mでV3の局が二局ほどクラスタに上がってきました。V3のハイバンドは持っていないので周波数を合わせると、V31VPがRTTYでよく聞こえています。V31ATはCWで、なんとか聞こえる強さ。

この2つの局を行ったりきたりしながら呼んでいたら、めでたく両方とも出来ました。やはり平日朝で競合が少ないと楽です。

その後しばらくしてV31VPが20mのRTTYにも出てきたので、こちらも呼んだところ、文字化けしながらも断片的に私のコールがプリントされました。

その日の夜、V31VPは両バンドともclublogでログインを確認できました。

2017年2月12日 (日)

TL8TT 40m HRD

2/12(日)の朝は、昨日と違って晴れ間の見える天気でしたので、朝7時前からベランダ釣竿を延ばしてワッチ。

TL8TTの40mSSBの信号はかろうじて聞こえるレベルで、スタンバイのタイミングは分かりますが、どの局にコールバックがあったかは、たまに分かる程度。これだとちょっと呼べません。

夕方、20mのSSBに出てきたようですが、こちらのほうも信号jは聞こえず。呼ぶJA局がいるのは分かるのですが。

いつもお世話になっていたI2YSBグループの運用ですが、今回は難しそうです。

TLは2011年のTL0Aで12mSSBを持っているので、いまひとつ力が入らないのもあるかも知れません。TL0Aとは100W+3.5m長のホイップで出来ています。あの頃のハイバンドは随分飛んだものです。

2017年1月29日 (日)

WW 160m 、TU5MH 30m&40m HRD

この週末はTU5MHを狙いつつ、WW160mにもスポット参戦。

■1/28(土)朝

6:30頃からワッチを開始。

TU5MHは30m、40m共に聞こえていたが、40mのほうが信号は強い。

朝8時頃は40mが強かったが時間が遅くなるにつれ、30mのほうがよく聞こえるようになって、朝9時頃には30mがよく聞こえていた。

しかし、いずれもパイルが厳しく、聞いたのみ。

■1/28(土)夕~夜

近所の河川敷で垂直部13.5mの20m長逆Lを張ってみた。

Img_1142s

しかし、17:00~19:10の運用だったが、出来たのはUA0とJAのみ。その他は聞こえず。

夜は、寝る前に自宅アパマン環境(垂直部10m、20m長擬似逆L)で少し運用。この時間帯は約30分の間に北米4局とできた(UT、CA、OR×2)。

UW2MとかRK4FDとか西のほうも聞こえていたのだが、経験的にはもう少し夜が深くならないと、EU方面には電波が飛ばない。しかし翌朝もTU5MHの追いかけをしたいので、就寝。

■1/29(日)朝

6:30に起きて、TU5MHを探す。まだ出ていないようなので、160mのコンテストのほうを聞いてみるが、JAくらいしか聞こえないので、TUを狙うほうに注力。

しばらくして30mでTU5MHのスポットが上がったが、7時前の段階ではまだ弱く、呼べない。

それでも時間が遅くなると信号が強くなり、パイルに参戦。リターンポイントは拾えているのだが、どうも呼び負けしているらしく、結局この日も成果なし。Cote d'IvoireはできればATNOなのだが、今回はお預けの気配。

2017年1月22日 (日)

YJ0WW 80m WKD?

16105566_1245709765495099_485055739

1月21日(土)は朝から大雪。

午前中所用で出かけなくてはならなかったので、まずはクルマの掘り出しから。

写真は掘り出し中の無線車。

ここしばらくこんな調子で、釣竿アンテナもまったく使えなかったのだが、この日の昼過ぎからは天気が好転し、夜は星も見えるほどのよい天気に。

それで久しぶりに20m折り返しアンテナを伸ばしてワッチしてみました。

22日に日付が変わるころ、3502に出ていたYJ0WWがかろうじて聞こえていました。

呼ぶ人もあまり多くないのでup1で呼んでみたところ、JR0EL「Z」のような応答が返りました。

このように応答がうまく確認できなかった場合、私はたいてい、応答をせずにそのまま待って、相手がもう一度こちらのコールを打つのを待つのですが、今回はすぐに応答し、自コールを2度繰り返して打ちました。ところが次に相手が打った自コールがまたラストレターがはっきりしませんでした。

タイミング的に「Z」よりは短点がひとつ少ない「G」のように思えたので、599 TUを打ちましたが、いまひとつ自信が持てません。

しばしばCQ誌などで、「すぐに応答しない局が多い」とか、「明らかに相手が正しくコピーしているのに自コールを必ず2度打つ局がいる」とか書かれているのですが、そういう風に書かれている局の中には、意識的にすぐ応答しないでいたり、あるいはQSBなどが厳しくて相手のコールバックが聞き取れず、自コールを何度か繰り返して打っている局もいるのではないか、と推察します。

YJ0WWはオンラインログはないようなので、しばらくは心配です。出来ていればバンドニューなのですが。


2016年12月11日 (日)

FK8DD on 80m、W1AW/*のカード

ここのところ忙しく、あまり運用できていません。

12/5にビューローからのQSLが届きましたが、その整理もままなりません。

今月はいつもより多いな、と思っていたら、一昨年のW1AW/*のカードがまとめて届いていました。

Img_7192

さて12/10土曜は、ようやく時間が取れたので、21時過ぎから運用開始。

80mのコンディションは良くなく、近場のUA0あたりと交信していたら、RBNにFK8DDのレポートが上がりました。ニューカレドニアなら出来るはず、とコールしたら、何度か訂正が必要でしたが、相手にも良く粘ってもらい、無事WKD。

より以前の記事一覧